anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

千と千尋の神隠し

2001年作品、宮崎駿監督、声の出演:柊瑠美 入野自由 夏木マリ 菅原文太

10歳の少女・荻野千尋柊瑠美)は、住み慣れたところを引っ越すことになり、友達と別れることに不満と不安を持っていた。 両親と共に引越し先へと向かう途中、曲がり角を間違えた父(内藤剛志)は、強引に先へ進むと、獣道のようなところに入って行ってしまう。
何かに憑かれたようにその道を束して先を急ぐ父、母(沢口靖子)と千尋はちょっと不安を感じるが、しばらく行くと、森の中の奇妙な石像がありトンネルをふさいでいた。 興味を持った父と母がトンネルに入って行き、仕方なく千尋も後に続く。
トンネルの出口が見え、そこから出てみると、向こうの方に何か街のようなものが見えてくる。 そして何やらいい匂いがしてくる。
父はそれに吊られて、匂いのする場所に行くと、それは昔の食堂街のようなところで、おいしそうな料理が大皿に乗っていた。 金を払えばいいという事で無人の食堂街だったが、勝手気食べ始める両親。
何か恐くなった千尋はそこから離れると、橋が見える。 そして日が暮れてくると、何か影のようなものがうようよ見え始めるのだった。 恐くなった千尋は父と母に帰ろうと必死に言うが、なんと父と母は大きなブタに変身して、食べるのを辞めようとしない。 千尋も帰り道を失って消滅しそうになるが、この世界に住む少年ハク(入野自由)に助けられるのだった。
ハクは、八百万の神々が客として集う 「油屋」 という名の湯屋で働いていた。 油屋の主人は、相手の名を奪って支配する、恐ろしい魔女の湯婆婆(夏木マリ)である。
仕事を持たない者は動物に変えられてしまうとハクは千尋に教える。 千尋は、まず釜爺(菅原文太)のところに行くように言われる。 そこは湯屋:油屋のボイラー室のようだった。 無愛想な対応を見せるが、紛れ込んだ人間の少女を不憫に思ったのか、リン(玉井夕海)に湯婆婆のところに連れて行くように言いつける。リンは一見人間の様な姿をしているが、何かの化身のようだった。
何とかたどり着いた千尋は、雇ってくれるよう湯婆婆に頼み込み、名を奪われて 「千(せん)」 と新たに名付けられ、油屋で働くことになる。 ハクは、本当の名前を忘れると元の世界に戻れなくなると忠告する。 ハクもまた名を奪われ、自分が何者であったのかを思い出せずにいた。
しかし、彼はなぜか千尋を知っており、千尋のことを覚えているのだという。 一方、千尋には、ハクの正体に心当たりがない。
豚にされた両親を助けるため、油屋で働き始めた千尋だったが、彼女は人間であるために油屋の者たちから疎まれ、強烈 な異臭を放つ客の相手まで押し付けられる。
しかし彼女の実直な働きにより、客から大量の砂金が店にもたらされると、千尋は皆から一目置かれる存在になる。 千尋はその客から不思議な団子を受け取るのだった。
翌日、ハクは湯婆婆の言いつけにより、彼女と対立している双子の姉の銭婆(夏木マリ)から、魔女の契約印を盗みだす。 しかし、銭婆はハクを追ってきて魔法で重傷を負わせ、湯婆婆の息子である坊(神木隆之介)もネズミに変えてしまう。
千尋はハクに不思議な団子を飲ませて助けるが、ハクは衰弱してしまう。 千尋はハクを助けたい一心で、危険を顧みず銭婆のところへ謝りに行くことを決意するのだった…

この作品は長期にわたって公開が続いていましたね。 うちの近くのシネコンも、色あせるほど長くポスターが貼ってありました。
千尋の声は柊瑠美、多くの出演作がありますが、記事にした作品はありませんでした。
湯婆婆、銭婆の声を夏木マリ、「生きる街」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15424722.html はいい作品でした。

物語は、異世界に紛れ込んでしまった千尋の冒険物語ですね。 一本道を間違えてことで紛れ込んでしまった八百万の神の世界、ここにお湯屋があり、そこに神々が入ってくることを商売にしているのが湯婆婆です。 ブタにされてしまった両親を助けたい一心で、ここで働き始める千尋、しかし彼女は名前を千と変えられてしまうんですね。
ここが一つのキーポイント、本当の名前は決して忘れてはいけない、そもそもどうしてブタになってしまったのか? その料理は神々のために用意された料理という事で、それを勝手に食べた報いだという事らしいのですが。
お話的にはめでたしめでたしですし、ほんの数時間のお話のようですが、引っ越すことで、心が塞いでいた千尋が劇的に変わった、彼女にとっては数日の物語になっています。
ハクの正体も実は千尋の思い出にしっかり残っていましたし、いつかまた会える? ことがあるかもしれない大切な思い出なんですね。
定期的に観たいファンタジーアニメです。

イメージ 1
変な石造に道をふさがれ

イメージ 2
両親は洞窟の中に

イメージ 3
異様な空間に行ってしまうがハクに助けられる

イメージ 4
そして窯爺を頼り

イメージ 5
ここで働き始める

イメージ 6
変なお客の世話をさせられる

イメージ 7