anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アウトバーン

2016年作品、エラン・クリーヴィー監督、ニコラス・ホルト主演。

ドイツのケルン。 天才的な腕を持つ自動車泥棒として活躍していたものの、アメリカを離れてドイツのケルンへ渡ったケイシー(ニコラス・ホルト)。 
マフィアを率いるゲラン(ベン・キングズレー)のもとで働いていた彼は、ある日同じアメリカ人の女性ジュリエット(フェリシティ・ジョーンズ)とゲランに会いに来たとき出会う。
ケイシーは初めて見た時から、彼女に一目ぼれ、そして恋に落ちたのだった。 その日、マティアス(マーワン・ケンザリ)とゲランのところに来たケイシーは彼に大金を稼ぐために思い切ったことをやれと、そそのかされたのだが、彼は逆にこの機会に裏社会から離れて生きようと決意する。
一方、ゲランは、ある男のところに交渉に行っていた。 彼はハーゲン・カール(アンソニー・ホプキンス)といい、表社会でも裏社会でも、ケルンを牛耳っている超大物だった。 ゲランは彼の下で、裏社会の仕事を手伝っていたが、今回はその取り分を折半にしてほしいと言いに行ったのだった。 しかしハーゲンは、ゲランを見下し、直ちにその申し出を却下するのだった。
ケイシーは、廃棄物処理業に勤め始めて、まっとうな生活を始める。 しかし、ある日ジュリエットが倒れてしまう。 彼女は、腎臓移植をしなければ命が危ういことが発覚するのだった。
医師は透析をすることはできるが、治すためには移植手術が必要で、それは個々ではできず、海外に行って手術をする必要があるというのだった。
そしてケイシーはそのために大金が必要と感じ、マティアスを連れ、ゲランのところに再び行くのだった…

監督はエラン・クリーヴィー、リドリー・スコットが製作総指揮の作品監督を務めていて2作目です。 主演はニコラス・ホルト、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13179139.html で注目を浴び、“X-MEN”シリーズ最新作でも三度ハンク・マッコイ / ビースト役を演じていて、今作では堂々の主演です。
物語はアメリカからある意味逃亡してきたケイシーと、同じようにアメリカの家を家出してきたジュリエットのラヴストーリーですが、彼女の病気から一転、やばい仕事に手を出して、危ない橋を渡るという展開でした。
冒頭に、大物二人の密談シーンがあり、裏も表も仕切るアンソニーと、何とかの仕上がりたいベンとのやり取りが、後半の三つ巴?の展開に繋がっていきます。
まあ今作はカーチェイスが圧巻で見どころですね。 そして意外に頭が良い主人公が見ものでしたが、何かポール・ウォーカーの若いころの作品のようでした。

イメージ 1
ケルンに来たケイシー

イメージ 2
そこでジュリエットと会う

イメージ 3
ゲランはハーゲンに交渉に行く

イメージ 4
ケイシーは危ない橋を渡ることに

イメージ 5
そして狙われる二人

イメージ 6