anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ミザリー


人気作家ポール・シェルダン(ジェームズ・カーン)は自らの超ベストセラー・シリーズミザリーに、主人公ミザリーを死なすことで終止符を打ち、コロラド山中のロッジにこもってかねてより念願の私小説を書き上げたところだ。
しかしそれを持って、車で猛吹雪の中ニューヨークのエージェントに向かう途中、雪道から転落してしまう。 こんな人里離れたところで大事故を起こし、彼の人生も終わりと思われた時、1台の車が来て一人の女がドアをこじ開けポールを救出して車に乗せて走り去った。
そして、瀕死の彼は付近に住む元看護婦でポールの熱烈なファンだと名のるアニー・ウィルクス(キャシー・ベイツ)の献身的な介護を受けることになるのだった。
大ファンという事を打ち明け、厚い介護を受けるポール。 一命を取り留めたポールに、アニーはその中で、ミザリーの大ファンだと言う。 しかしミザリーシリーズの最新刊を読んでミザリーの死を知るとアニーの態度は一変した。
大声でポールを罵倒すると、部屋の鍵を閉めて彼を閉じ込めたのだ。 両足を骨折した彼にはなすすべもなかった。 そしてさらに はアニーは彼に出来上がったばかりの私小説を燃やすよう強要する。
いままでの献身的で優しかったアニーの豹変に驚くポール、やがてタイプライターと車イスを買いこんできたアニーは、今度は猫なで声でミザリーを生き返らす続きを書くよう言うのだった。
そしてポールはアニーのことが気になり、アニーが用意したタイプを打つ紙にクレームをつけ、自分の指定した紙を買ってきてほしいというのだった。 訝しげなアニーだったが、滲むことを立証すると、彼女は仕方なく町に買いに出かけていく。 その隙にポールは不自由な体で、部屋を脱出、彼女をのことを調べ始めるのだった。
一方その頃、ポールの失踪に不審を覚えた地元の保安官バスター(リチャード・ファーンズワース)が捜査を始めていた。 何度もヘリを飛ばし、彼の乗っていた車を探していたが、ようやく大破した彼の車を探し出すのだった…

この作品は何度も見て、その都度さすがキング原作と思う作品ですね。 監督は、ロブ・ライナー。 最近は「最高の~」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11757150.html http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13797387.html シリーズ(勝手に名前を付けているのは日本側ですが) を3作作っていますね。 (残り1作は未見です)
ただなんといっても、「スタンド・バイ・ミー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/5409648.html が私は代表作かと。 監督にとっては、キング原作と言う事ですがこういうミステリーというかホラーは珍しい気がします。
物語は、この恐ろしいアニーとはいったいどういう女なのかがだんだんわかってくる事を味わうことによって、恐さが増幅していくという作り、これが秀逸なんですよね。
そして体のいう事が効かないジェームズ・カーンに一瞬で豹変するキャシー・ベイツの怪演が凄まじい(^^) 精神的な弱い人間だと、絶対服従で観念するか、精神がおかしくなるかもしれませんね。
ご存知の方も多いでしょうが、どうやってここから脱出するかというか、決着をつけるかのシーンはこれまた凄まじいですね。 またいつか見るだろう名作ですね。


イメージ 2
事故に遭い、担ぎ込まれたポール

イメージ 1
かいがいしく看病するアニー

イメージ 3
しかしミザリーの結末を聞くと、態度が急変

イメージ 4
アニーのことを知ったポールはある計画を

イメージ 5
その頃保安官バスターはポール捜索を粘り強くしていた

イメージ 6
そして逃亡に感づかれたポールは!

イメージ 7