anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

スクリーム

1996年作品、ウェス・クレイヴン監督、ネーブ・キャンベル主演。

カリフォルニア州の田舎町ウッズボロー。 ある夜、高校生ケイシー(ドリュー・バリモア)は電話に出た。 しかし間違い電話の様で、直ぐに切った。 しかしまた同じ男からすぐにかかってくる。
男は間違ったことを謝るためにかけたと言い、彼女は、気にしないと言って再び切ろうとするが、ポップコーンを作りながらちょっと会話をしてしまう。
しかし3度目にかかってきたときから、何か様子がおかしいことに気付く。 どこからか見られている感じがするのだった。
ケイシーは、ボーイフレンドにスティーヴ・ボース(ケヴィン・パトリック・ウォールズ)がいるが、今日は1人でビデオを 見ながら両親の帰りを待つつもりだったが、怖くなってスティーヴのことを話すと、彼は庭に縛り付けられていた。そしてクイズに正解しないと殺すと脅される。
クイズは13日の金曜日の1作目の犯人だった。 彼女は“ジェイソン”と言うのだが、それは間違いで、答えは“ジェイソンの母親”だと言われ、スティーヴは殺されてしまう。
そして次は自分だと思い、電話の子機を持って家から抜け出すが、結局捕まってしまい惨殺される。 そして両親が着いた時には無残な姿になっていた。
シドニーネーヴ・キャンベル)は、父のニール・プレスコット(ローレンス・ヘクト)と暮らしているが、恋人のビリー(スキート・ウールリッチ)がこっそり窓から訪ねてきた。 家に上げたときに父が入ってきて 、なんとかごまかしたが、今日はビリーは素直に帰って行った、
翌朝、シドニーは学校が大変なことになっていた。 友人のケイシーとスティーヴが殺されたことから、警察が捜査しに来て、マスコミもたくさん来ていた。
芸能リポーターのゲイル(コートニー・コックス)がしつこくつきまとい、そして彼女はあることを思い出し気持ちが落ち込むのだった。 それは、1年前、母親を何者かに殺されていたことだった。
その日、父の帰りが遅いので、友人のテイタム(ローズ・マッゴーワン)ところに行く約束をした。 迎えに来てくれると言うので家で待っていたが、彼女は遅くなってしまい、シドニーはうっかり寝てしまった。 もう日が暮れていて、これから行くとやっと連絡が入ったが、そこに電話がかかってきた。
それはあの男だった…

未見だったこのシリーズ、ハロウィンでの仮装にあの“ゴースト・フェイス”がよく使われますが、今まであまり見ようとは思わなかったんですね。それはこのパロディで「最強絶叫計画」とごっちゃになっているからでした。
まあそちらも追々見ていくことにして、この1作目は、ホラー映画マニア向けでしたね。 最初に出てきてあっさり惨殺されるドリュー・バリモア、天才子役で、ホラー作品では主役級を演じても良い彼女をあっさり殺してしまうキャスティングは、まず驚き。 私の彼女の印象は後年出演する「チャーリズ・エンジェル」ですが。
しかしそこでの犯人とのやり取りが面白いですね。 またそのシーンだけでなく、ラストのパーティーの時の、ビデオを見ながらの盛り上がっている所のやり取りも、ホラー映画で殺される役、台詞、逆に生き残るためには禁句など、「ゾンビランドhttp://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10838498.html でのコロンバスの“生き残るための32のルール”みたいな感じでした。
さて、ジェイソンや、フレディほど怪物ではなく、生身の人間で、計画性があり用意周到な殺人鬼として出てくる“ゴースト・フェイス”ですが、ホラー作品という面と、犯人はだれかというサスペンス的な要素を感じました。
私は途中、校長なのかな? と思いましたが、あっさり彼は殺され、そして次はシドニーの父親か?と、想像は移っていくんですが。
まあそういう犯人像が明かされていくところは意外な展開で、そして決着もなかなかアクション作品みたいでしたね。
でもこれで続編が作られていくというのが、ヒットしたからという事なんでしょうね。
ウェス・クレイヴン監督といえば1作目の「エルム街の悪魔」ですが、しっかり作品中にフォローされていましたね。 まあそっちもいずれ書庫を作りたいと思いますが(^^)

イメージ 1
全ては彼女に掛かってきた電話から

イメージ 2
恋人のスティーヴがまずは

イメージ 3
そしてシドニーのところにも

イメージ 4
お気楽な3人なのだが…

イメージ 5
迫りくる殺人鬼

イメージ 6