anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

スパイダー パニック!

2002年作品、エロリー・エルカイエム監督、デヴィッド・アークエット主演。

アリゾナの田舎町。 産業廃棄物を積載していたトラックが、道路にいた兎を避けようとして、積んできた積荷の一つが川に転がり落ちた。 それはドラム缶で、有害物質が入っているらしく、川が濁りはじめた。
1週間後、ジョシュア(トム・ヌーナン)という、蜘蛛収集家が、その川でちょっと変わった蜘蛛を採取した。 小学生のマイク・パーカー(スコット・テラ)は、ジョシュアの事が好きで、学校の帰りにいつも彼のところへ寄って、蜘蛛の話を聞く。 一度話し始めると止まらない彼で、マイクは厳しい保安官の母・サム・パーカー(カリ・ウーラー)から早く帰るように言われているので、話を切り上げ、家路につくのだが、その後、ジョシュアは蜘蛛に襲われ、大変なことに なってしまった。
また1週間後、クリス・マコーミック(デヴィッド・アークエット)がこの町に帰ってきた。彼の父は、この町で炭鉱会社を経営していたが、彼の死後鉱山は閉山、彼はその時街を出ていたのだった。
彼はこの鉱山会社をまた立ち上げようとして戻ってきたのだが、一度彼は信用を失っている。 出て行く前、彼はサムのことを好きだったのだが、サムは離婚後シングルマザーとなり、マイクと長女のアシュリー・パーカー(スカーレット・ヨハンソン)を育てていた。
マイクはジョシュアと連絡がつかないことを不審に思い、こっそり彼の家に行くのだが、その途中クリスに会い、ジョシュアの異変に気がつくのだった。
そしてジョシュアの家から出た蜘蛛が、街に出始め、いたるところでパニックを起こし始めるのだった…

モンスター物という事で、今回は大蜘蛛のお話。 こういうB級パニック映画は、低予算なりのキャストなんですが、意外とキャストが名の知 れた俳優が多いんですね。
その作品限りという配役が多いですが、クリス役のデヴィッド・アークエットも多くのホラー作品系に出ていますし、サム役のカリ・ウーラーも、「痩せ行く男」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/3011355.html にも出演しています。
でもなんといっても脇役ですが、スカーレット・ヨハンソンが出演していることですね。当時まだ10代の彼女なんで、メーンキャラのサムの娘役で、大した活躍はしていませんが、こんな作品に出ていたこと自体が驚きですね。
この後どんどん出世していくのは誰もが知っていますが、今とあまり変わらないのは、彼女の美しさですね。 この作品当時から大人っぽさを出しています。
さて作品は、ゾンビ映画でもその設定が使われる、有害薬品に蜘蛛が汚染され、巨大化して人間を捕食するというお話ですが、蜘蛛って雄と雌の役割があったり、大きさが極端に違ったり、様々なんですね。 その辺 りの雲の説明を、少年・マイクが説明していきます。
詳しいだけでなく、各蜘蛛の習性から逃げ方とか対処法も支持します。 なかなか戦力になる少年でした。
あとはどう決着をつけるかですが、そこは見てのお楽しみですね(^^)

イメージ 1
女保安官のサム

イメージ 2
大量の蜘蛛が発生

イメージ 3
最後に逃げ込んだのがある洞窟

イメージ 4
とんでもない大きさの蜘蛛の足

イメージ 5
襲われたときにある蜘蛛の習性を思い出すクリス

イメージ 6