anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アウトレイジ ビヨンド

2012年作品、北野武監督、ビートたけし主演。
 
海に落ちた車を引き揚げている。 山王会、関東の頂点を極めた暴力団だが、その担当刑事の山本が海に落ちた。 刑事の繁田(松重豊)は、一緒に山王会に張り付いていたので事情を聞かれているが、山王会がヘマを撃たないと言っている。
今、山王会は加藤(三浦友和)が山王会会長となり、若頭に石原(加瀬亮)が抜擢されている。 石原は、もともと外様で、大友組のチンピラだったのだが、なぜか石原に気に入られたのか大出世をしている。 
どうしてマルボウの刑事が殺されたのか? それは、ゼネコンと国交省の癒着の絡みで、その際邪魔だった刑事の処置を山王会の石原がやったということだった。 石原はその恩を着せようとしているのだった。
刑事の片岡(小日向文世)は今は少しえらくなっているが、昔の顔で、加藤に会える立場にいた。 出世欲が強い彼は、山王会をうまく利用しようとしている。 今回の刑事殺しをうまく決着させ、彼は山王会の恩を売ろうと思っているが。
チンピラが自首をしてきた。 しかし取り調べをリードしているのは片岡だった。 山王会幹部の富田(中尾彬)や、古参の幹部、白山(名高達男)、五味(光石研)は今のやり方に不満を持っていた。 特に白山は犯人としてチンピラを自首させられていた。 
どうして加藤が後を継いだのか? そこに何か謎があると、3人は思っている。 先代組長の死の真相を疑っているのだった。 どうして先代のボディガードだった舟木(田中哲司)が先代を守れなかったのに出世しているのか? 
そこに現れたのは刑事の片岡だった。 そして彼は山王会の最近の傍若無人さを話し始める。 そして3人を焚き付け、大阪の花菱会に会えと言うのだった。 
そして片岡と共に冨田が会いに行くのだったが。 そううまくは行かないのだった。 情報が漏れ、冨田は立場を失う。 片岡は切り札を使わざるを得なかった。 
そうあいつが生きていたのだった、元山王会配下大友組の組長・大友(ビートたけし)が・・・
 
1作目の「アウトレイジhttp://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/2442297.htmlは、なかなかの豪華キャストで面白かったですね。 
“全員悪人”というキャッチフレーズが、ぴったりでしたね。 生き残ったのが数人なので、どうするのかなと思いましたが、どうしてどうして、またまた悪人を引っ張り出してきました。 
特に関西の花菱会で、西野(西田敏行)と中田(塩見三省)がよかったですね。 そしてほとんど口をきかないヒットマン役の城(高橋克典)が良かったです。
北野監督は、今まで限られたキャストをうまく使って、この手の作品を撮ってきましたが、豪華キャストをふんだんに使えるのもまたいい感じなんでしょうね。 
普段良い役をやっている俳優にいかに凄みを出させるか、例えば三浦友和西田敏行などは、心底悪人をやらせたらどうなるかというところを見られて面白かったですね。
「3」はできるんですかね。 北野監督のやる気次第だと思いますが、一応の決着を見ているので、もし作るとしたら展開を変える必要がありますね。 やっぱり北野作品は好きだなぁ。

イメージ 1
出世した石原

イメージ 2
ほとんど仕切るのは石原だった

イメージ 3
暗躍する刑事の片岡

イメージ 4

イメージ 5
この二人も動き出す

イメージ 6