anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

リンカーン弁護士


黒塗りの高級車リンカーン・コンチネンタルの後部座席を事務所代わりにし、常にいくつもの案件を抱えている敏腕弁護士・ミック・ハラー(マシュー・マコノヒー)。 彼は金になる仕事は逃さない。 そしてしっかり期待に応える。
麻薬売人や娼婦といったアウトサイダーたちを減刑させ、彼らにはそれなりの顔が効く。 元妻で検事のマギー(マリサ・トメイ)や彼女との間の娘とは良好な関係を保ち続けている。
ある日、保証金立替業者ヴァル(ジョン・レグイザモ)から、資産家の青年ルイス・ルーレ(ライアン・フィリップ)が女性を殴打したとして近々立件されるとの情報を得る。 金になりそうと判断したハラーは、目の前の事件をさっさと片付け、ルーレが拘留されているところに向かう。
決して殴っていない、そう言い張るルーレに、拘留中に余計なことは言うなと言い、弁護を引き受けるのだった。 保釈も勝ち取り、保釈後、案件にまつわる調査を依頼することもある親友の私立探偵フランク(ウィリアム・H・メイシー)とともにルーレと再び会い、事件について詳しく聞く。
フランクは元警察官で、ハラーが最も頼りにしている男だった。 ルーレは当日夜、バーで知り合ったレジーナ(マルガリータ・レヴィエヴァ)という26歳の女性に誘われるまま彼女の自宅を訪ねたが、着いた途端に背後からレジーナに頭部を殴られ失神し、近所に住むゲイのカップルに取り押さえられたと話し、賠償金目当てとした計画に自分ははまったと主張する。
しかし始め彼は誘われて、金を払った合意のもとということを隠していた。 店のビデオからそれがわかり、ハラーは嘘の話をするなときつくルーレに言う。 またレジーナの供述も全く違っていた。 彼女は自分から誘ったことを隠して嘘をついていた。彼女が売春婦であることもわかった。
この重要証拠を手に担当検事ミントン(ジョシュ・ルーカス)に起訴を取り下げるようもちかけるが、現場にルイスの所有する血まみれのナイフが発見されており彼による暴行事件だと確信していることを告げられる。 そして顔の右半分に怪我を負ったレジーナの写真を見たルイスは、4年前の事件と非常に似ていることに気づく。 その事件を思い出したとき、ハラーは背筋が寒くなるのだった…

始めはリンカーンということから、大統領の話かな? なんて的外れなことを思っていました。 ブロ友さんの記事でリンカーンに乗っているちょい悪弁護士の話というのが解ってきました。
別れた妻とほとんど夫婦の様な関係がちょっと理解不能ですが、彼女の方が心が広いんでしょうね。 事件を直感で判断して、丸く収めるやり方の彼は今回の事件で初めて自分の見立てが間違いだったことに気づきますが、あの落ち込様は、結構ナイーブだな(^^)って思いました。
そのあたりは、腐っても弁護士、無実なものを刑務所に送った良心の呵責があるんでしょうかね? 最後のオチはちょっと予想がつかなくて、「まだ引っ張るのかな?」と漠然と思っていたので、ちょっとやられましたね。
暴走族のあんちゃんたちがちょっとよかったですね。 あういうキャラって好きなんです。 ちょっと前にルメット作品で、同じく犯人と分かって弁護する作品を見ましたが、犯人にしてみると弁護士に本当のことを言っても、その発言を隠してもらえるという権利を逆手に取る設定は結構作品としてはあるんですね。
ただルメット作品とは結末がお洒落に描かれていました。 そちらもいずれアップしたいと思います。 この作品はラストの決着がまあよかったですね。(G)

イメージ 1
ちょい悪弁護士のハラー

イメージ 2
元妻とは良好?

イメージ 3
今回の件を引き受けたが

イメージ 4
頼りにしているミントン

イメージ 5
事件は意外な展開に

イメージ 6