anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

鍵泥棒のメソッド

2012年作品、内田けんじ監督、堺雅人香川照之広末涼子出演。

車の中で身支度をする男(香川照之)、彼はある男の出てくるのを待っていた。 出てきた男は恰幅のいい男。 その男に何発か腹に打撃を加えトランクに入れた。戻ってきた彼は真っ赤に染まっていた。 すぐに羽織っていたビニール製の雨よけ、手袋等をゴミ袋に入れ、男は立ち去った。
大きな音がして倒れている男・桜井武史(堺雅人)、首には切れたロープが、彼は自殺に失敗したようだった。 がっかりした彼は残りの金で風呂屋に向かった。
桜井が風呂に入っていると、先ほどの男も入ってきた、その瞬間男はすべってきた石鹸を踏んでしまい、派手に頭を打ち意識不明となって病院に担ぎ込まれた。
桜井はその時ちゃっかり風呂のロッカーキーを入れ替えていた。
意識不明のその男は大金を持ち歩いていた。 桜井はその男の金で、借金を返しまくった。 男の名前は免許証から山崎というらしかった。 しかし病院の男は記憶が無くなっていた。
所持品から彼は桜井武史になってしまったのだった。 山崎に成りすました桜井は、山崎に残りの金を返そうと病院に行くのだったが、記憶をなくしていて自分が桜井と思い始めている山崎に、本当のことを言わずに立ち去ってしまうのだった。
そしてもう一人、相手もいないのに結婚に日取りを決めている女がいた。 雑誌社の編集長をしている水嶋香苗(広末涼子)だ。 
今まで男と付き合ったことのない彼女は、職場のみんなに本気で結婚したいので、真剣に付き合える人を紹介してほしいと宣言するのだった。 そしてこの3人が奇妙な縁で顔を合わしていくのだった・・・

内田けんじ恐るべしの作品ですね。 相変わらず切れのいい撮り方をしますね。
また堺雅人が登場しますが、今回の彼は全くのダメ男ですね。 そんな男がひょんなことから入れ替わりをして騒動に巻き込まれていく物語。
一方几帳面な殺し屋?(実は違うんですが)を演じる香川照之はさすがの演技でしたね。 「ちょっと更けていますが35歳らしいです」 には爆笑しましたね。
昔の妻に写真だけ余貴美子が映っていますが、ちょっと確信がありません。
最近広末涼子ってこんな不器用な女が嵌り役になりつつありますね。 「アフタースクール」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7532230.html 以来の監督作品ですが、やはり彼の作品は面白いですね。 また観たい作品でした。(G)

イメージ 1
自殺失敗、でもあっさり自殺を諦める桜井

イメージ 2
男と付き合うのがちょっと苦手な香苗

イメージ 3
記憶を失った男と、結婚したい女が

イメージ 4
山崎になったのなら、彼の仕事もやらなければ。でも…

イメージ 5
記憶が戻って、とんでもない事態になっていた。どうするふたり!

イメージ 6