anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

白夜行

2011年作品、深川栄洋監督、堀北真希主演。

「坊ちゃん!」 2階に向けて呼ぶ男・松浦勇(田中哲司)。 彼は質屋の従業員だが、主人の妻の桐原弥生子(戸田恵子)の愛人だった。
2階には階段にドアがあり鍵がかけられていた。 息子の部屋は2階にあるのだ。 降りてこれないようになっているのだ。 
河原で叫びながら走る少年たち。 廃ビルの中で死体を見つけたのだった。 死体は質屋の店主だった。 刑事の笹垣(船越英一郎)は死体から不審な点に気付く。ズボンのベルトが緩いのだった。 これは後から誰かがベルトを締めたのでは? 捜査本部は質屋に向かう。 被害者の10歳の息子・亮司(今井悠貴)と会い、彼の暗い目に驚く。
無線機があった。 笹垣刑事は白血病の息子がいた。 彼は毎日見舞いに行っているが、直接触れることができない状態だった。 殺害された日、被害者が西本文代(山下容莉枝)という女性の家を訪ねていたことが判明。 その家に行くと雪穂(福本史織)という10歳の娘がいた。
彼女もまたちょっと変わった子だった。 大人びているというか、物静かというか。 彼女の視線はちょっと怖い感じもした。 文代に色々聞いたが、アリバイはあるようだったが、何故か気にかかる笹塚だった。 そして文代が自殺し、被疑者死亡のまま捜査は終了するが笹塚は何か腑に落ちなかった・そして時が数年流れるのだった・・・

オープニングの、主人公たちがまだ子供のところしか書いていませんが、150分の長編作品ですが、原作からするととても1本の映画とするには無理がありますね。
テレビドラマでも作られましたが、その方がまだじっくり作れると思います。
私は原作も読んでいますので、ああ描ききれなかったなぁというのが率直な感想でした。 それがただ惜しかったですね。
キャストも悪くないし、物語自体重いので映画化は当然だと思いますが、前篇・後編くらいかけてじっくり作ってほしかったです。
尺の短さで役者が生きないっていう作品は初めてですね。 つくづくもったいない作品に感じました。

イメージ 1
幼い雪穂


イメージ 2
美しく成長した彼女


イメージ 3
そしてこちらも成長した亮司

イメージ 4
元刑事の笹垣

イメージ 5
暗い目で見つめる雪穂

イメージ 6