anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

グッモーエビアン!

2012年作品、山本透監督、麻生久美子大泉洋三吉彩花出演。

「人が生まれる時、まわりは笑い本人は泣いている。 だから死ぬ時、まわりが泣き本人は笑うような人生を送りたい。」
ヤグ(大泉洋)からのハガキが来た。 ヤグとはこの家にいっしょに住んでいる男。 この家はハツキ(三吉彩花)と母のアキ(麻生久美子)、そしてヤグなのだが、ヤグは交通事故に遭った際に多額の保険料が入り、世界にロックを広めるために旅立ってしまっていた。 久しぶりのハガキだった。
中学3年生のハツキは、名古屋市内のアパートで母のアキと二人暮らし。 母とヤグは結婚していない。 またヤグは父ではない。
17歳でハツキを生んだアキは、シングルマザー。 ヤグは15のころにアキに結婚を申し込むがまだ結婚できない年齢だった。 そんな3人の生活がいまだに続いているのだが、いまだに籍を入れていない。
葉書にはカンガルーの写真に、「グッモーエビアン」 と書かれていた。 そしてある日商店街のところに行き倒れがいた。 ヤグだった。 何か恥ずかしくなり立ち去ろうとしたが、ハツキは見つかってしまった。
追いつかれた瞬間、腹が減って倒れるヤグ。 2年ぶりに帰ってきたヤグだったが、しばらく母と二人だったハツキは、ちょっと違和感を感じるのだった。 
ハツキは学校の成績もトップクラス。 仲のいい友達、トモちゃん(能年玲奈)には何でも話せるが、トモちゃんもヤグが戻ってきたことを喜ぶのだが。
トモはしきりにヤグのことを話そうとする。 ヤグがいると楽しそう。 ヤグはカレーが得意だった。 インドに行きさらに腕をあげてきた。
もともとヤグとアキは5人のバンドをしていた。 名古屋では結構人気のあったパンクバンドだった。 しかし今はアキが働き、皆を養っている。 そして高校進学期を迎えハツキはこれからのこと、ヤグとアキのこと、色々考える年ごろになっていたのだった…

3人の関係が今まではハツキが幼かったのでなんとなく嵌っていたのが、ヤグの旅、ハツキの受験、そしてトモの~があって、いよいよ真剣にこれからの3人の生活に向き合う時が来たっていうお話です。
キャストが最高でした。 大泉洋は水を得た魚のようで、良かったですね! そして麻生久美子がかっこよかったです。 特に最後のライブシーンのところ。
そのライブシーンは吹き替えなのかな?って思いました。 生ロクだったら素晴らしいし、音が欲しくなります。
フリマ会場の、土屋アンナも良かったですね。
大泉洋は、「しあわせのパン」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8023295.html 「探偵はバーにいる」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7141584.html などは作品としては良くても彼の力が発揮されているとはちょっと思えなかったのですが、これは良かったです。
麻生久美子は何でもできますね。 この作品では強い母、かっこいい母ですが、弱い役もでき、良い女優さんですね。
意外とよかったのは、能年玲奈です。 「カラスの親指http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7789313.html でのしっかり者から、今回は甘ったれな同級生の役でしたが、いい味が出ていました。 注目女優ですね。
そして三吉彩花は美形なんで、ちょっと中3には逆に無理があったかも(^^) 私的には大満足作品でした。
上映館が少ないので危なかったのですが、また観たい作品でした。


イメージ 1
ヤグが帰ってきた

イメージ 2
3人の生活がまた


イメージ 3
上手いカレーは健在、でも


イメージ 4
久しぶりのライブ


イメージ 5
二人のライブを見るハツキとトモ

イメージ 6