anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

007 スカイフォール

2012年作品、サム・メンデス監督、ダニエル・クレイグ主演。

NATOの各国の諜報員のデータが盗まれた。 敵のアジトがトルコにあると知って、OO7(ダニエル・クレイグ)は駆けつけるが、すでに現地の諜報員は敵の手にかかっていた。
すぐに犯人を追うボンドだが、手ごわい相手でなかなか決着がつかない。 そして列車の上で二人がもみ合っている時にM(ジュディ・デンチ)が同じMI6諜報員のイヴ・マネーペニー(ナオミ・ハリス)に二人共狙撃することを命じる。 そして弾はボンドに当たり、川底に落ちていき、相手は逃げられてしまった。
ボンド死す。 MI6に衝撃が走った。 しかし相手の手に落ちたデータは今後大変なことになるのが目に見えていた。
Mはこの大きな失態の責任を取るようギャレス・マロリー(レイフ・ファインズ)に迫られていた。 今なら十分な貢献を持って引退できると言って。 しかし緊急事態に引退など出来る訳のないMは一人犯人の操作に乗り出すのだった。
一方ボンドは重傷を負いながら生きていた。 データから各国にいる諜報員が明らかにされ、狙われ始めたニュースを聞くと、ボンドはロンドンに戻ってきた。 すでに死んだことにされていたボンドは、再度適合テストを受けることになった。 しかしブランクは大きく、酒と薬の影響で合格レベルには遠く及ばなかった。
しかしそれを隠し合格させたのはMだった。 そしてボンドはデータを持ち去った男・パトリス(オーラ・ラパス)は上海に現れるという情報をCIAからもらい、彼はアジアに飛ぶ。
格闘の末パトリスを殺したボンドの前に現れた美女・セヴリン(ベレニス・マーロウ)にボンドは組織のボスに合わせろと頼むのだった。 そして現れた男とは?・・・

やはり過去2作は序章的な扱いでしたね。 クレイグ・ボンドは原点回帰の位置づけで、OO7を一から作り直していくという、結構手のかかる、また一歩間違えばシリーズ自体がこけてしまうというリスクを背負ったドラマのように感じましたね。
でも、この「スカイフォール」である程度土台がかたまり、そして一区切りが付いた感がありますね。
オープニングがいいですね。 テーマが昔を思い出す哀愁漂う曲で、これから始めるムードを盛り上げていきます。 そして今回のボンドガールはMなんですね。
ガールであり、マザーであり、戦友である彼女が大きなメインテーマであり、彼女こそがOOエージェントの母だということが明かされる壮大な作品となっています。
今までちょっとくすぶり続けていたものがここで発散される出来で、さらに4、5作目に大きな期待を抱かせるというものを感じました。
ベレニス・マーロウがあっさりと処分されてしまいましたが、テーマからしたら仕方がないんでしょうね。 やっと肩の荷が下りたような、そんな満足感の作品でした。

イメージ 1
ボンド亡き後、大騒動が、苦悩するM

イメージ 2
しかし彼は生きていた


イメージ 3
なんとか復帰した彼にQは


イメージ 4
事件を追い上海に


イメージ 5
そして現れたこの男


イメージ 6