anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

オープン・ウォーター

2003年作品、クリス・ケンティス監督、ブランチャード・ライアン、ダニエル・トラヴィス出演。

スーザン(ブランチャード・ライアン)とダニエル(ダニエル・トラヴィス)は忙しい夫婦。二人の旅行が今まで伸び伸びとなっていたが、ようやく休みを合わせて行くことになった。
出発直前までお互い携帯で仕事の話している。 モバイルはやっぱり持っていくスーザンだった。 
やっとのことのカリブ海。 ようやくバカンス気分になってきた。 明日はダイビングで8時半に出発。 部屋のエアコンは壊れていて暑い。
ふたりはダイビングのツアーボート”リーフ・エクスプローラー号”に乗り込む。 「目的地は、マジックキングダム。 そこで、みなさんを待っているのは―」 ボートは他のツアー客で満員。 二人はせっかくの二人の時間なので周りで交わらず、水中でも別行動をとることに決めた。
その時客の一人が装備の一部を忘れてしまった。 後悔しても規則で潜れない。がっかりしてツアーボートに残っていると、あるカップルが早々に戻ってきた。 女の方が上手くできなくてもう上がるというのだった。 一人残った男は装備を貸してもらいカップルの男の方とペアを組んで潜っていった。
ここで係がミスを犯した。 一度戻ってきたペアをカウントしなかったのだ。 そして、時間が来てだんだん戻って来るツアー客たち。 しかしスーザンとダニエルが時間ぎりぎりまで離れたところで潜っていた。 そしてここで数が合わなくなっていたことに係の男は気が付かなかった。
20人ではなく10組が戻ってきたと勘違いをしてしまい、一番遅いスーザンたちを置いてボートは戻ってしまったのだった。 最後に上がってきた二人は遠く離れていくボートを見ながら、冗談ではと思い、そうでなくても途中で気がついて戻ってくれるものと思っていた。
しかし二人は完全に海の中に忘れられてしまったのだった…

これは実話で本当にあった事件の映画化らしいです。 結果は見ていただくとして、泳ぎの苦手な私はホラーより怖かったですね。
ラストのエンドロールで、サメを引き上げお腹を割いているシーンが映りますが、これ等ほんとに背筋がぞくっとします。
基本怖い映画ではないですが、ある意味では恐怖映画ではないでしょうか。 あまり心理的にはいい心地がしない作品でした。

イメージ 1
久しぶりの一緒の休暇

イメージ 2
みんなダイブを楽しんでいたが

イメージ 3
こんなアトラクションも

イメージ 4
しかし二人に待っていた運命は…

イメージ 5