anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

きみがくれた物語

2016年作品、ロス・カッツ監督、ベンジャミン・ウォーカー テリーサ・パーマー マギー・グレイス アレクサンドラ・ダダリオ出演。

アメリカ・ノースカロライナ州の海沿いにある小さな町に住むトラヴィス(ベンジャミン・ウォーカー)は、裕福ではないが堅実な仕事を持ち、ガールフレンドにも不自由せず、親友に囲まれてスポーツや休日を楽しむ日々を過ごしていた。 だが友人はみな結婚して子どももいるが、彼の恋はいつも夏の花火のように終わってしまう。 32歳になり、自分に何か問題があるのではないかと考え始めていたとき、隣の家にギャビー(テリーサ・パーマー)が引っ越してくる。26歳のギャビーは、自立を目指して町の小児科に勤め始め、結婚を前提としたボーイフレンドの近くで暮らすことと犬を飼うという夢を叶えたところだった。

しかし都会育ちで野心的なボーイフレンドのライアン(トム・ウェリング)は“結婚”という言葉を避けているようでもあった。 そんなある日、ギャビーはトラヴィスの人生観を知り、新鮮な驚きを憶える。 このまま結婚して本当に幸せになれるのだろうかと心が揺れ始めた彼女は、人生の分かれ道に直面。 悩んだ末、ギャビーはライアンと別れ、トラヴィスの前からも姿を消してしまうのだった。

だが時が経ってもギャビーを忘れられないトラヴィスは、彼女のあとを追いプロポーズ。 熱心なトラヴィスの告白に、頑なに心を閉ざしていたギャビーも折れ、ふたりは結婚する。

数年後。2人の子供に恵まれ、親子4人で幸せな生活を送るトラヴィスとギャビー。 ある日、久しぶりに夫婦水入らずでデートをしようと計画するが、トラヴィスは約束の時間に行けなくなってしまう。 レストランでひとり待ちぼうけを食らうギャビー。トラヴィスから何の連絡もないためデートを諦めた彼女はレストランをあとにし、車で移動し始めるがその時、ギャビーは追突事故に遭遇、意識不明の重体に陥ってしまう。

何か絵に描いたようなラブストーリーでした。
監督はロス・カッツ、映画作品は制作が多いようです。
ラヴィス役はベンジャミン・ウォーカー、「白鯨との闘い」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13831190 に出演していました。
ギャビー役はテリーサ・パーマー、「ライド・ライク・ア・ガール」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/07/30/060000 で主演をしていましたね。


物語は、獣医をしているトラヴィス。 周りはだんだんと所帯を持っていますが、彼はモテるんですがなぜか長続きはしません。 しかし前に付き合っていたモニカとヨリが戻りそうな雰囲気でした。

そんな時、隣に引っ越してきた女性・ギャビーが文句を言いにきます。 トラヴィスのところの犬が、自分のところの犬を妊娠させたと言ってきます。 あまりの剣幕にただびっくりするトラヴィスでしたが程なく誤解とわかり、二人の中はなんとなく近くなっていきます。 しかしギャビーには恋人がいて、彼女はそのために彼の近くに越してきたのでしたが。
しかし、ギャビーの彼・ライアンは結婚には慎重でした。そしてしばらくライアンが出張でいない間に、ことが起こってしまいます。

二人が結婚するまでが一つのドラマでしたが、そこから大きな事故が起こりそこから辛い展開となりますね。 プロポーズ、結婚、そして幸せな家庭、しかし事故と急展開でしたね。 それでも一転!まあちょっと奇跡的なお話ですね。


f:id:anttiorb:20211101191817j:plain

f:id:anttiorb:20211101191820j:plain

f:id:anttiorb:20211101191840p:plain

f:id:anttiorb:20211101191830p:plain

f:id:anttiorb:20211101191840p:plain

f:id:anttiorb:20211101191836p:plain

f:id:anttiorb:20211101191846p:plain

f:id:anttiorb:20211101191841j:plain