anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

カジュアリティーズ

1989年作品、ブライアン・デ・パルマ監督、マイケル・J・フォックス主演。


74年、ヴェトナム帰還兵のエリクソン(マイケル・J・フォックス)は、電車の向かいに座るアジア人の女学生の姿に思わずハッとする。 彼は苦いヴェトナムでの記憶がいつも頭の中を支配していた。
彼は上等兵としてヴェトナムの戦地に行っていた。 ヴェトナムにおけるアメリカの戦いは困難を極めていた。 いつ襲われるかわからない中の毎日だった。
66年、ヴェトナムの戦場にいたエリクソンは敵の掘ったトンネルに落ち、身動きできないでいた。 トンネルの中ではベトコンが彼を下から狙っていた。 そんな危機一髪の彼を救ったのは上官のミザーヴ軍曹(ショーン・ペン)だった。
何とか小隊は脱出して近くの村で一服していた。
しかしその村はベトコンを巧みに隠していて、そして突然銃撃された。 そして小隊のムードメーカーで帰還間近の無線係ブラウン(エリック・キング)が狙撃され死んだ。 ブラウンの死は全員ショックだったが、一番精神的に打撃を受けたのが、ミザーヴ軍曹だった。
すぐさま補充で、ディアズ(ジョン・レグイザモ)が配属された。 明後日に任務の前1日休暇がもらえた。 たまっていた性欲を満たすために、街に出ようとしたのだが、危険と言われキャンプから出てはならないとされてしまった。
そしてミザーヴは、出発を早め、ヴェトナム人の村に夜這いをかけ、女を調達すると言い出したのだった。 エリクソンは冗談だと聞き流していたが、ミザーヴはほんとに行動したのだった。
実際に若い娘オアン(ツイ・ツウ・リー)を誘拐し、彼らは泣き叫ぶ彼女を引き連れて目的地に向かった。 そして途中エリクソン以外は彼女を強引に犯すのだった。 完全な軍法違反、犯罪である。そして4人とエリックソンは次第に距離が離れて行った。 何とか彼女を逃がそうとするエリクソンだったが…

プラトーンhttp://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6202947.html にくらべ画面も明るいんですが、物語は結構残忍ですね。
徹底的に正義感溢れる存在のマイケル・J・フォックスはかえって浮いた存在に感じられ、かえって違和感がありますが、慰み者になってしまうツイ・ツウ・リーの悲壮感溢れる役が哀れで、それをかき消してしまいます。
戦争の環境では仕方がないとは言えない事ですが、人間の性の醜さをストレートに表現しています。 ちょうど 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 シリーズの間の作品ですが、コメディとは違った役のマイケル・J・フォックスの挑戦作ではないでしょうか。でもちょっと当時の彼には合わない映画だったと思います。 もう少し年を取ったところで、別の役割ならと思える作品でした。
ブラウン役のエリック・キングが早めに死んでしまいますが、その中で存在感を出していました。

イメージ 1
仲間を失い



イメージ 2
戦闘前の休暇に


イメージ 3
村の女性を拉致する


イメージ 4
エリクソンと仲間に亀裂が入る

イメージ 5
思い悩むエリクソン

イメージ 6