anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

単騎、千里を走る。

2005年作品、張芸謀降旗康男監督、高倉健主演。

静かな漁村に暮らす高田剛一(高倉健)は、久々に東京に向かう。 息子と会わなくなって時間が立っていたが、嫁の理恵(寺島しのぶ)が電話で、剛一の息子、健一(声:中井貴一)と会ってほしいと言ってきた。
健一は重病で父親に会いたがっていると知らせてきたのだ。 一緒に病院に向かう二人だったが、いざ病院に着き、先に理恵は健一の前に行くと、剛一の声が聞こえた。
「俺は会いたいなんて言った覚えはない!」 「会いたくない!」 強い口調でカーテン越しに息子の声が聞こえた。 無言で踵を返す剛一だった。
理恵は病気で気分が悪いからだと言い、健一の撮った番組のビデオを渡す。
家に戻った剛一は渡されたビデオを見てみると、そこに映っていたのは、中国で千年以上前にさかのぼる、宗教的儀式で、健一が演劇形態の研究をしていたことを知る。 そこの仮面劇を番組に収めていたのだった。
健一は有名な俳優リー・ジャーミン(リー・ジャーミン)の舞踏を見るために、はるばる中国南部・雲南省まで向かったが、あいにくリーは病気のために歌を披露することができず、健一が翌年再び雲南省を訪れたら、『三国志』に由来する仮面劇『単騎、千里を走る。』を披露することを約束していたのだ。 しかしあいにくそれはある事情で約束が果たされていなかった。
そこに健一の診断結果が理恵から知らされた。 肝臓がんだった。 もう長くはないと泣き崩れる理恵。 そして息子の仕事の内容など知らなかった剛一は、ある決心をするのだった。 
中国へ行こう。 健一のやり残したことを何とか自分がやってみようというのだ。 息子のために何かしたいという強い思いが剛一をたった一人で中国へ行かしたのだった。 しかし・・・

これは健さんの中国ロケで話題になった作品でしたね。
今公開中の 「あなたへ」 の前の作品です。 この映画を撮って健さんは6年の間充電に入るんですね。 いったいこの映画を撮ってから健さんの心に何が芽生えたんでしょうか?
この映画は日本サイドを降旗監督、中国サイドを張監督とパートが分かれています。 それは見ているとよくわかります。 演技も全然違いますし、ただそれは上手い下手ではなく人の考え方の違い、制度の違い、しかし底辺で流れている人間の情念はどうなのか?そのあたりを強烈に問いかけてくる物語です。
ラストの楊楊(ヤンヤン)が追いかけてくるシーンは感動というよりも、不思議な感覚が湧きました。
この映画でも健さんがこちらに何かなげかけているような感じが強いです。 ロケも結構過酷だったと思いますが、見事やりきった健さんもすごいですね。

イメージ 1
息子のできなかったことをしに中国へ

イメージ 2
しかしなかなか難しいことだった

イメージ 3
しかしなんとか粘り強く

イメージ 4
そこで会った少年ヤンヤン

イメージ 5
彼との絆が

イメージ 6