anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

SHADOW/影武者

2018年作品、チャン・イーモウ監督、ダン・チャオ スン・リー チェン・カイ ワン・チエンユエン出演。

弱小の沛〈ペイ〉国は、領土の境州を奪った強大な炎国と休戦同盟を結んだが、それから20年、国民はいつまた攻めてこられるかと脅える日々を送っていた。 沛国は若き王(チェン・カイ)を筆頭とする平和派と、重臣の都督〈トトク〉(ダン・チャオ)に従う開戦派に分かれていた。
ある時、都督は王の許しを得ず、炎国の楊蒼:ヤン・ツァン(Jun Hu)将軍に境州での対決を申し込む。 王は激怒するが、高貴で知略に富み、国民からも尊敬される都督を前にすると、責める言葉もなくなっていく。 先王が早死にし、妹の青萍:チンピン(Xiaotong Guan)と二人で、自分が王位に就けたのも都督のお陰だった。
王は矛先を変えて、琴の名手と称えられる都督と妻の小艾:シャオアイ(スン・リー)に合奏を命じるが、小艾は「境州が戻るまで琴は弾かないと天に誓った」と頑なに拒むのだった。
それもそのはず、王の前にいるのは都督の影武者だった。 母と生き別れになり、飢えて行き倒れていた8歳の彼を都督の叔父が拾ってきて、影武者へと育て上げたのだ。 1年前、都督が刀傷から病になったことを隠すために、いよいよ影武者の登場となったのだが、顔が瓜二つの彼に王さえ騙されていた。 境州の奪還計画を進める都督は、影武者に「楊蒼を殺せば、自由の身だ」と約束する。
翌日、影武者は都督の筋書き通り、楊蒼に宣戦した己に厳罰を下すよう王に求める。 王は彼を無官にすると、「今後、境州奪還を口にする者は斬首だ」と宣告する。 それに対して影武者は、「私はもう一介の民。 境州に行き、楊蒼と対決しても、殿とは無関係」と返す。 都督の待つ館へ帰った影武者は、どんな相手も三太刀で必殺と言われる最強の楊蒼との対決に向けて、傘を武器にした技を磨くのだった。
王は和平のために、妹の青萍を楊蒼の息子に嫁がせようとする。 だが、その返事は「姫を側室に迎えたい」だった。「それも一つの手立てだな」と答える王に、我慢も限界となった家臣の田戦:ティエン・チャン(ワン・チエンユエン)が、「殺してやる! 楊父子の野郎め!」と叫び、王に「屈辱に甘んじるなら、殿の代で国は滅びます」と注進する。 だが、王の心は変わらず、田戦は官職を解かれるのだった・・・
 
沛国というのは、おそらく戦国時代、秦の始皇帝が中国を統一する前の時代にあった小国のようです。
監督は張芸謀チャン・イーモウ、前作は「グレートウォール」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14866469.html 、アクション大作でしたね。
主演はダン・チャオ、「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15846007.html に出演していました。 今回は二役でしたが、よくわかりませんでした(^^)
小艾役はスン・リー、美しい、ちょっと儚げな女優さんでした。 初めて見ました。
そして王役でチャン・カイ、彼も初めてですが、なかなかいやらしい若き王でしたね。
妹のチンピン役はグァン・シャオトン、ちょっと可愛い妹役でした。 若手女優ですが、なかなかかっこいい役でしたね。
 
物語は、小国:沛の生き残りのお話です。 父が亡くなり、若き王は、都督と呼ばれる忠臣とは考えが合いませんでした。 炎国との同盟維持を唱える王と、奪われた領地奪還を唱える都督と、考えが割れていて、媚びへつらう家臣と、戦闘派と二分しているんですが、実は都督は影なんですね。 本物は病に冒され、隠し部屋が洞窟に繋がっており、そこでひっそりと暮していて、影に指示を与えています。
しかし、炎国との戦いに備え、影も強くならなくてはなりませんし、さらには王の座も狙う本物の都督でした。
 
今作は、あまり古代中国史を知らなくても、なかなか見ごたえがある作品ですね。 小国の悲哀、さらには影武者の存在はなにか日本の戦国時代にも通じますし、雨がポイントになっていますね。
傘を使ったアクションも面白く、最後はまた壮絶などんでん返しもまっています。 暗い世界観ですが、しっかりと重さも醸し出しています。
 

f:id:anttiorb:20190912205723j:plain

沛の若き王

 

 

 

f:id:anttiorb:20190912205730j:plain

そして都督が帰ってきて、宣戦布告をしてきた

 

f:id:anttiorb:20190912205736j:plain

しかし彼は影武者だった

 

f:id:anttiorb:20190912205749j:plain

本当の都督は病だったが

 

f:id:anttiorb:20190912205755j:plain

妻は影を献身的に尽くす

 

f:id:anttiorb:20190912205801j:plain

そして炎国から領地奪還する為に対決に備える

 

f:id:anttiorb:20190912205809j:plain