anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

夜叉

1985年作品、降旗康男監督、高倉健主演。
 
雪のちらつく中、漁船で息子を送っていく。 漁師として働く修治(高倉健)は十五年前に大阪ミナミでのヤクザ暮らしをしていた。 背中一面の夜叉の刺青で、彼はそう呼ばれていた。 
日本海に面した小さな漁港にある親子が引っ越してきた。 蛍子(田中裕子)と息子はこの漁港で居酒屋を出した。水商売が慣れている蛍子の店は、蛍子自身がなかなかの美人なので繁盛した。 店の名前は”蛍”といった。 
修治は冬子(いしだあゆみ)と結婚、4人の子供がいる。 啓太(田中邦衛)は漁師仲間、組合の中ではちょっとした顔役だ。 組合の旅行には修治は決して行かなかった。 裸になりたくなかったのだ。 その晩の払いは啓太がもった。 何か蛍子の雰囲気を気に入った修治は、獲れたての魚を差し入れした。
啓太は心臓の病を持っていた。 絶えずニトロを持って仕事をしていたが、ある日持っていくのを忘れ、修治たちはとりあえずたどり着いた浜に啓太を助けに行った。 一命を取り留めた啓太。 娘のためにちょっと無理をして遠出をしたのだった。 
修治はヤクザから足を洗う時に冬子と一緒になり、彼女の故郷で肌を隠し漁師になる決心をした。
ある日、敦賀駅で蛍子を見つけた。 彼女はある男を待っていたのだった。 矢島(ビートたけし)という男だった。 「今度こそ立ち直ってな」、恵子は矢島にそう言うのだったが、矢島は聞く耳持たず、一人息子にあたるのだった。 矢島がこの港に来たのは別に理由があったのだった…
 
久しぶりにヤクザを演じる高倉健だった作品です。 この作品は、「駅 STATION」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7232464.html で共演したいしだあゆみが妻役、「ホタル」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12790839.html 「あなたへ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6847055.html で共演した田中裕子のダブルヒロインですね。 
堅気になった修治ですが、矢島の出現により、彼の過去が暴かれ、蛍子に大阪ミナミの匂いを感じ惹かれてしまう修治の、揺れ動く心がよく描かれています。 
矢島役のビートたけしは、この作品で何か役者として掴んだのではないでしょうか。 まずは役者として、そして監督として、何か吹っ切れた演技でした。 
28年前でバリバリの健さんですが、男の色気一杯の作品でした。


イメージ 1
堅気となり所帯を持った修治

イメージ 2
しかし彼は“夜叉”という異名を持ったヤクザだった

イメージ 3
そこに現れた蛍子

イメージ 4
良からぬ男がついてくる

イメージ 5
蛍子の店に行く二人

イメージ 6