anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

冷たい熱帯魚

2010年作品、園子温監督、吹越満主演。
 
妙子(神楽坂恵)は後妻。 社本信行(吹越満)は死別した妻のあとに妙子と結婚したが、娘の美津子(梶原ひかり)は全然なついていなかった。 というより妙子を憎んでいた。
妙子は料理などしない。 冷凍食品をチンするだけ。 そして美津子が出かけたあと電話が鳴った。 それは近くのスーパーからだった。 美津子が万引きで捕まったのだ。 店長(芦川誠)が激怒していて警察に突き出すと言っている。 
と、そこにある男が入ってきた。 巧みに店長を説得した男はなんと自分と同業だった。 社本は小さい熱帯魚店をしているが、その男・村田幸雄(でんでん)は大きな店をやっていた。
自分の店に案内した村田は、更生もかねて住み込みで美津子をうちの店で働かせてはどうかという。 同じような女の子も何人か働いているし、村田の妻の愛子(黒沢あすか)も是非という。 美津子は不思議なことに村田の言うことは素直に聞いている。
次の日3人で店に行き、美津子をよろしくといった後、社本は一人先に帰った。 そして一人残った妙子は早くも村田の毒牙にかかってしまったが、不思議なことに彼女も村田の言うままになっていた。 家に戻った妙子は社本に村田の仕事のパートナーになれというのだった。 そして次の日社本は村田の店にまた行くのだった。
そこには吉田(諏訪太朗)と顧問弁護士の筒井(渡辺哲)がいた。 応接に通された社本は吉田に村田が出資を迫っている現場だった。 社本はもう協力者という話になっていて、どんどん話が進んでいく。 あっけにとられて見ている前で吉田は1000万の契約をしていた。
しかしそのあと恐ろしいことが起こった。 ドリンク剤を飲んだ吉田が苦しみ始めたのだった。 その直前村田が意味不明なことを言っていた。 「人間いつ死ぬかわからないよな!今ここで死ぬかもしれないよな!吉田は今ここで死ぬんだ。」 そしてその通り吉田は殺されてしまった。 そして恐ろしい男村田との付き合いが始まってしまった…
 
みなさんご存知の実際の事件、埼玉愛犬家連続殺人事件をベースに作った園子温監督の遠慮ない作品です。
もういろいろなところで絶賛をされている作品ですから、私はどうこうないですし、ひとこと凄まじい作品ですね。 まあ園子温監督の力量がいかんなく発揮されています。 まあR18指定は仕方がないですね。
私はこの映画で愛子役の黒沢かあすかの妖艶で残虐な演技がよかったですね。 最後まで生き残ろうとする執念を見せるのが彼女と、実は娘の美津子というところが、この作品の強烈さですね。
社本の生き方も甘いのでしょうが、ここまでされなくてもいいのではと思う超ハズレの人生ですが、なかば実話というところが後でぞくっとするホラー以上の怖い作品ですね。 でもそれでも園子温監督は魅力いっぱいです。
 
イメージ 1
社本はどんどん取り込まれていく
 
イメージ 2
実は同業だった村田
 
イメージ 3
万引きをした娘を助けてくれ、働かせてくれる村田
 
イメージ 4
そしてビジネスパートナーに引き込まれる
 
イメージ 5
それが地獄の入り口だった。
 
イメージ 6