anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

イチケイのカラス ⑦

2021年作品、田中亮 星野和成 森脇智延 並木道子演出、竹野内豊 黒木華 新田真剣佑 小日向文世 草刈民代 中村梅雀 桜井ユキ 水谷果穂 山崎育三郎 升毅出演。

第7話 司法VS型破り裁判官 決戦のとき

弁護士時代のみちお(竹野内豊)が最後に担当した12年前の東丸電機殺人事件。 東丸電機の研究部主任だった被告人の仁科壮介(窪塚俊介)は、被害者である同社の経営戦略部部長・布施元治(中野剛)から研究部門の解体および製造部門への異動を命じられたことが原因で彼と度々トラブルを起こした挙句に撲殺した罪で、無期懲役を言い渡されていた。 だが仁科は、判決後も無罪を主張し続け、獄中で命を絶ってしまう。 仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していた。 その男こそ、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)だった。 この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が、東丸電機を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮上していた。
坂間(黒木華)は、仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を訪ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相を明らかに出来ると説得するが、断られてしまう。 そんな坂間と入れ違いで由貴を訪ねたのが、みちおの元同僚でもある弁護士・青山(板谷由夏)だった。 ふたりの説得が功を奏し、再審請求を決意する由貴。 弁護人を務めることになった青山は、ただちに会見を開き、今回の再審請求について公開での審理を求めた。

仁科壮介役は窪塚俊介、「大コメ騒動」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/01/14/060000 に出演でした。
妹の由貴役で臼田あさ美、「ウェディング・ハイ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/03/24/060000 に出演でした。
オメガ会計事務所所長・志摩総一郎役で羽場裕一、「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/11375708 に出演でした。
志摩総一郎の元妻・飯田加奈子役は岡まゆみ、記事はありませんでした。

いよいよ12年前の事件で、鍵を握る志摩総一郎を法廷に、しかしそれは12年前の事件の再審請求が問題となりますね。 ただ、もう殺人犯とされた仁科壮介は刑務所で自殺してしまいました。 そしてそのために弁護士を辞め裁判官になったみちお、とうとう決着の時が来ました。