anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

カトマンズの男

1965年作品、フィリップ・ド・ブロカ監督、ジャン=ポール・ベルモンド ウルスラ・アンドレス ヴァレリー・ラグランジェ ダリー・コール ジャン・ロシュフォール出演。

莫大な父の遺産をもち、あらゆる快楽にあき果てて、生きている意義も見出せないという現代の退屈男アルテュール(J・P・ベルモンド)は、自殺法の研究をしては実行しているがいつも失敗している。 彼は一家と共に世界一周航海にでて、香港についた時株の大暴落で破産したことを告げられた。 これで自殺の名目ができたと喜んだのも束の間、中国人の友人ゴオに止められた。 どうせ死ぬなら有意義に死ねと言い、彼に二百万ドルの生命保険をかけた。

そして一ヵ月以内に優雅に殺してあげるというのだ。 その直後からアルテュールの行くところ、常に怪しい二人の尾行者がつきまとうのだった。 そうなると自殺志願者のアルテュールも生命の危険を感じて、懸命に逃げまわるというおかしな話になった。 港のバーに逃げこんだ時、ストリッパーのアレキサンドリーヌ(U・アンドシス)にかくまってもらった。 彼女は考古学者のタマゴで、アルバイトにストリッパーをやっているのだという。 彼は一目で好意をもったが、恋を語っているヒマはない。ゴオともう一度話し合おうとしたが氏は不在。 彼を追ってネパールへ行った。 例によって二人の尾行者がついてくる。 だが調べてみると二人は保険会社がつけたボディ・ガードだった。

監督はフィリップ・ド・ブロカ、初めて作品を見ますが、面白かったですね。
主演はジャン=ポール・ベルモンド、記事を書くのは初めてのようですね。作品は昔に見たと思いますが。

今作は当時としては画期的なアクションコメディだったと思います。 日本で言うなら、クレージーキャッツ作品で、植木等がアクションをするのに似ていましたね。
また、ちょっと前のジャッキー・チェン作品にも通じるものがありますし、一連の監督とベルモンドの作品が元になっているんでしょうね。
またこのコンビの作品が見れたらと思います。