anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

奈落のマイホーム

2021年作品、キム・ジフン監督、チャ・スンウォン キム・ソンギュン イ・グァンス キム・ヘジュン ナム・ダルム キム・ホンパ出演。

会社員のドンウォン(キム・ソンギュン)はマンションを購入するため、長年節約を続けてきた。 その甲斐もあり、ソウルの一等地に念願のマンションを購入することに成功。 同僚たちを招いてパーティを開くが、大雨で巨大陥没穴が発生し、マンション全体が飲み込まれてしまう。 ドンウォンは馬が合わない隣人や同僚たちと地下500mの深さから脱出しようと奮闘するが、大雨によって穴の中はしだいに水で満たされていく。

監督はキム・ジフン、「第7鉱区」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/11/11/180000 を記事にしています。
キム・ソンギュンは、「鬼手」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/03/29/180000 に出演していました。
チャ・スンウォンは、「楽園の夜」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/06/18/180000 に出演していました。

手抜き工事のマイホーム、マンションでしたがやっと購入した課長さん。 3人家族の喜びは大きかったんですが、早くも初日に息子が欠陥を見抜いてしまいます。 しかしせっかく買ったことなんで多少は我慢を、しかしそれも束の間、とんでもないことが起きてしまいます。


このシンクホール=巨大陥没穴は日本でも確か福岡で似たような災害がありましたよね? 奇跡手に死傷者が出なかった災害でしたが、この映画では深さが半端じゃないですね。 でもこんな穴がある上にマンションを立てたこと以上に、こんな深い穴が開くような現象はちょっと考えられませんし、元から空いていたなら何が原因だったのか?それが気になるお話でしたが、大スペクタクル作品でしたね。