anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

第7鉱区

2011年作品、キム・ジフン監督、ハ・ジウォン アン・ソンギオ・ジホイ・ハンウィパク・チョルミンソン・セビョク出演。

1985年。 済州島沖の大海原に、第7鉱区はあった。 石油や天然ガスなどの埋蔵量が1000億バレルと推定されたこの場所には、石油ボーリング船エクリプス号が常在し、深海2500mまで掘り進めていた。 掘削ドリルの故障で深海に潜った船員は、オタマジャクシのような半透明の生物を見つける。 直後、第7鉱区は爆発事故を起こししてしまう。
2011年、第7鉱区では採掘作業が続いていたが、石油が出る見込みはなかった。 それでも石油の存在を信じる、女性の海底装備マネージャー・ヘジュン(ハ・ジウォン)はあきらめきれずにいた。 ヘジュンの父はかつて、第7鉱区の事故で他界していた。
遂に本部から撤収命令が下される。 ヘジュンは撤収のために合流してきた叔父の撤収隊長・ジョンマン(アン・ソンギ)を説得し、作業継続を約束させる。 皆は決意を新たにし、ペンキで手形と寄せ書きを採掘管に記して作業を続ける。
3ヵ月後、ヘジュンとヒョヌは海底調査で海に潜るが、ヒョヌ(ミンソク)が引きずられるように沈下し亡くなってしまう。 落胆するヘジュンに女性生態研究員・ヒョンジョン(チャ・イェリョン)が何かを言いかけて立ち去り、その夜、謎の死を遂げる。
ヒョンジョンの死は自殺かと思われたが、彼女の体に精子状の物体が付着しており、医療担当官・ムンヒョン(イ・ハンウィ)が調査をし始めるが・・・

さて閉鎖空間ですが、これは海に浮かぶ、人工の島のようなシチュエーションですね。
監督はキム・ジフン、監督自身3作目の作品のようです。
主演はハ・ジウォン、「いつか家族に」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15824962.html では可愛い妻、母役でしたね。
そして叔父役でアン・ソンギ、「殺戮にいたる山岳」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15020978.html を記事にしていますが、「神の一手」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14956560.html も良かったです。
 
物語は第7鉱区という、石油掘削の海に浮かぶ石油の掘削場でのお話です。 30年ほど前に事故を起こし、その時に父を失ったヘジュン。 彼女は父の遺志を継いで、採掘作業を行っています。 そして一番意思が強いんですね。
しかしトラブルが多く、肝心の石油は出てきません。 時間とコストばかりがかかってしまうこの鉱区に、とうとう撤収の指示が出て、叔父がその責任者として合流してきます。 しかしそこに現れた謎の生物、この生物はある特徴を持っているんですね。
 
モンスターパニックもののこの作品、この生物がなかなか大きな特徴があるんですね。「グエムル」 という作品が韓国のモンスターものでは有名ですが、もっと個性的というか、大きな特徴を持たせた感じですね。 この怪物もしぶといですよ。
 

f:id:anttiorb:20191110210139j:plain

なかなか石油が出ない第7鉱区

 

f:id:anttiorb:20191110210147j:plain

叔父が合流、でも撤収の為だったが

 

f:id:anttiorb:20191110210158j:plain

ヘジュンが説得し続行に

 

f:id:anttiorb:20191110210206j:plain

しかし不穏な現象が

 

f:id:anttiorb:20191110210213j:plain

仲間の命を奪い始める

 

f:id:anttiorb:20191110210219j:plain

そして現れる怪物

 

f:id:anttiorb:20191110210226j:plain