anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

グリフターズ/詐欺師たち

1990年作品、スティーヴン・フリアーズ監督、ジョン・キューザック アンジェリカ・ヒューストン アネット・ベニング パット・ヒングル出演。

ロサンゼルス。 リリー(アンジェリカ・ヒューストン)は競馬のノミ行為を行ない、14歳しか違わないその息子のロイ(ジョン・キューザック)はバーテンダー相手の詐欺をくり返し、恋人マイラ(アネット・ベニング)は色仕掛けでまがい物の宝石を売りつけていた。 生き方、手口こそ違え、3人はグリフター(詐欺師)だった。

ロイがバーテンダーに詐欺を見破られ、腹にパンチを見舞われた次の日、リリーが8年ぶりに息子を訪ねてきたが、彼女の目の前でロイは倒れ病院に運ばれる。 リリーは病院へ寄ったために賭けるべきレースに遅れ、大損したボスのボーボー(パット・ヒングル)は彼女に制裁を加えた。 一方退院したロイはマイラを連れてサンディエゴまでの汽車の旅を楽しむ。 車中で彼はマイラから彼女が10年前伝説的な詐欺師コールと行なっていたコン・ゲーム(信用詐欺)を一緒にやろうと持ちかけられるが、他人と組むなという昔の忠告を思い出し、誘いを断わる。

マイラはロイの弱腰はリリーが原因だと逆恨みし、リリーが大金を車のトランクに貯めこんでいることをタレ込む。 そのためリリーは組織に追われ、モーテルに逃げ込むが、追ってきたマイラともみあっているうちにリリーは彼女を撃ち殺してしまう。

監督はスティーヴン・フリアース、「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14601348 を記事にしています。
ロイ役はジョン・キューザック、「クロノス・コントロール」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/04/28/180000 が近作ですね。
リリー役はアンジェリカ・ヒューストン、「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/02/05/060000 に出演でした。
マイラ役はアネット・ベニング、「ナイル殺人事件」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/03/06/060000 に出演でした。

詐欺師のお話なので、もっと華麗な詐欺のテクニックが見られるのかな? と思っていましたが、微妙な三角関係というか、嫁と姑のような、ロイをめぐってのちょっとした縺れた関係のような感じの人間ドラマでしたね。 しかしそのもつれた関係が、どんどん悲劇を生んでいく悲しい展開でした。