anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

オルカ


海。 人類の源、そして謎に包まれたロマンの世界。 アメリカとの国境に近いカナダ東海岸沖で、海底調査を続けている海洋学者のレイチェル(シャーロット・ランプリング)は、潜水中、ホワイト・シャークに襲われそうになる。
だが、それを救ったのは、近くを通りかかったバンポ号のエンジン音だった。 100トンたらずのこの船は、マイアミより日本のマリン・ワールドからの注文のホワイト・シャークを生け捕るためにここを航行していた。
船長はノラン(リチャード・ハリス)、他にノバック老人(キーナン・ウィン)、ポール(ピーター・ホーテン)、そして彼の恋人アニー(ボー・デレク)の3人が乗り組んでいるバンポ号の目前に、ホワイト・シャークが現われた。 しかしその直後ホワイト・シャークは何物かにより半分食いちぎられる。 一体何が……?オルカだ。海の野獣といわれるオルカ。
オルカと呼ばれているシャチは、独特な鳴き声を発する。 それは言語を超えるレベルの伝わり方、レイチェルは、内容も言語を超えていると発表する。 そして幼体もきわめて人間の姿に近く知能も驚くべき高さだとも彼女は言うのだった。
ノランはオルカの生け捕りを思いつき、新たな捕鯨用具を積み、船出する。レイチェルの反対も押し切るノラン。
そして、彼らは間もなく、1匹のオルカを捕らえた。 しかしそれは雌だった。 引き上げたとき、そのオルカは胎児を産み落し、吊り上げられた。 しかし、虫の息でもまだ生きていた雌の姿に、雄のオルカは船に体当たりをしてくる。 危険を感じたノラン達は、吊り上げたメスを切り離すが、その時ロープを切りに行ったノバックはオスの餌食になってしまう。
雄のオルカは怒る目でノランをみつめ去って行く。 雄は間もなく息絶えた雌を岸辺まで運んだ。 オルカに食われたノバックの葬式を済ませたノランに対して、オルカの復讐が始まった…

ブロともさんの記事を前に見て、いつかの機会に見ようと思っていた作品です。
冒頭のホホジロサメ、今作ではホワイト・シャークと呼ばれています。 いきなり人間を襲うんですが、それを救うような形でオルカが登場します。
救われたのがシャーロット・ランプリング演じる海洋学者のレイチェルという事が、まずこの物語のきっけになることが、今作に至っては、悲劇につながっていきます。
大きく言ってオルカ(シャチ)はクジラの仲間という事で、クジラは言語があると言われています。 そしてこのオルカは言語を超えた内容を含む音(声)を発している、もしかしたら人間以上のコミュニケーション能力があるという説明を彼女自身が発表していることに、ノランの興味が高じてしまいます。
そしてノランが仕留めてしまったのが雌だったことも悲劇が。 雄の捕獲をしようと思っていたのに、それも子供を身ごもっていた雌に。
この引き上げた際に子供が出てくるシーンは、痛ましく、見ようによってはグロテスクなんですね。
まあ知能の高い生物だったら、恨みの感情が湧き、復讐を誓うのが必然の流れになってきます。
ただの巨大動物パニック作品なら、やっつけてめでたしめでたしになりますが、これは復讐される側が人間なので、展開が読みずらい。
ランプリングが若く女盛りですが、あまり露出はないんですよね。 あえてそういう展開に持っています、ほの暗い演出の作品に仕上がっています。
ラストは印象的ですね。

イメージ 1
レイチェルとノラン

イメージ 2
雌の遺体が海岸に、雄が運んできたのだった

イメージ 3
そしてオスが挑発をしてくる

イメージ 4
自分に対してを感じるノラン

イメージ 5
そして対決…

イメージ 6