anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ザ・ディフェンダーズ ②

2017年作品、SJ・クラークソン Peter Hoar Phil Abraham ユタ・ブリースウィッツ Stephen Surjik Félix Enríquez Alcalá Farren Blackburn監督、チャーリー・コックス クリステン・リッター マイク・コルター フィン・ジョーンズ出演。

第2話 強烈な右フック

ルーク(マイク・コルター)は悪党が集まる188丁目のトラブルという店にいたターク(Rob Morgan)に、ハーレムはホワイト・ハットと言う新顔が仕切っていると聞き151丁目に向かった。 151丁目ではホワイト・ハットの指示でコール(J. Mallory McCree)を含めた若者たちが何かしようとしていた。
ダニー(フィン・ジョーンズ)とコリーン(ジェシカ・ヘンウィック)はプノンペンにいた男が持っていたツカモトという刀のニューヨークの工房に行ったが、そこには男たちの死体があり、壁にはクンルンの絵がかけてあった。 その死体を片付けに来た男たちの中にいたコールに話を聞き出そうとしたが、後をつけていたルークと争いになった。 ダニーの通常攻撃は効かず、アイアンフィストを繰り出すとルークは吹き飛んだ。 そこに警察が来てコールは逮捕され、ルークとダニー、コリーンはその場から逃げた。

いよいよ遭遇が始まりますね。 まずはルークとダニー、そして一方マシューとジェシカも遭遇します。 もちろんそれぞれ、クレアだったり、フォギーだったり、仲介をする人間がいるんですね。
このそれぞれの超人たちの友人たちの重複が面白いですね。