anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

湯殿山麓呪い村

1984年作品、池田敏春監督、永島敏行 織本順吉 岩崎加根子 永島暎子 仙道敦子 青木義朗 田中義尚 榎木兵衛 野上博司 中川梨絵出演。

光華学園大学史学科講師・滝連太郎(永島敏行)は妻子がいながら、淡路慶子(永島瑛子)と愛し合っていた。 滝は、湯殿山弥勒寺の幽海上人の即身仏と『一切口外すべからず』という口伝書が残され、御堂の地下にひっそりと隠されたままなのに興味を持った。

即身仏は入定後、三年経つと土中より掘り起こされ、礼拝の対象となるはずである。 天明の大飢饉は布教のPRに絶好の機会ともいえる、幽海上人は何らかの理由で寺に逃げ込んだ犯罪者で、寺の者が無理矢理ミイラに仕立てあげたのではないかと、滝は仮設を立てた。 彼は発掘するため、湯殿村出身である慶子の父親・淡路剛造(織本順吉)に協力を依頼した。 剛造の屋敷に脅迫状とミイラ化した手首が届けられた。 彼は急に発掘資金の援助を中止すると言いだす。

その夜、剛造はバスルームで変死体となって発見された。 バスルームは、小さな換気窓があるだけで密室状態であった。 剛造の通夜、弥勒寺の住職であり、剛造の妻・謡子(岩崎加根子)の兄でもある道海和尚(青木義朗)に殺人通知が届けられる。 道海は若い頃、剛造と事業に失敗し今は行方不明の伏原欣作(榎木兵衛)と三人で、疎開しに来ていた津島という母娘を村八分にし自殺に追いやったことを告白した。 幽海上人の発掘作業が始まった。 山小屋で祈祷中の道海は行方不明になり、やがて死体が見つかる。 伏原も東京で眠ったまま死体となって発見される。 発掘した幽海上人は滝の思ったとおり、無念そうな様をしていた。

監督は池田敏春、作品は初めて見ました。
主演の滝役は永島敏行、「信虎」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/12/04/060000 に出演していました。
織本順吉は、「blank13」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15396797 に出演でした。これが遺作となっています。

いかにも角川映画ですね。角川作品が、横溝正史シリーズで一気にヒットした印象がありますが、監督は違えど、その色が出ている連続殺人であり、復讐であり、呪いのお話ですね。 まさに皆殺しと因縁の塊、ただタッチがちょっと違うなという印象を受けますね。