anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ファルコン&ウィンター・ソルジャー ①

2021年作品、カリ・スコグランド監督、アンソニー・マッキー セバスチャン・スタン ダニエル・ブリュール エミリー・ヴァンキャンプ出演。

第1話 "新たなる世界秩序"

犯罪組織LAFによって誘拐されたヴァッサン大尉(マイルズ・ブリュー)の救出作戦に参戦したファルコン(アンソニー・マッキー)、ハイジャックされた米軍機の戦闘に苦戦するも、ファルコンの相棒レッドウィングと追撃ミサイルを用いた地上でのプレーによって救出作戦は成功する。 そして、現場から帰還したファルコンは、苦悩の末に『アベンジャーズ/エンドゲーム』でキャプテン・アメリカクリス・エヴァンス)から受け継いだ盾を手放す。
一方、洗脳は解け恩赦もされたウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)は、過去の悪夢にうなされる。 彼はカウンセリングを受けながら過去のトラウマに向き合うも、心を開くことができないまま。 そして、"償いリスト"を作り、暗殺者時代に関わった人物を訪ねていく。
そんな中、スイスではファルコンと共にヴァッサン大尉の救出作戦に参加していたトレス中尉(ダニー・ラミレス)が<フラッグ・スマッシャーズの計画>への潜入捜査に挑んでいた。 仮面と赤い手形をトレードマークに、ゲーム感覚で⼀般人を悪事に巻き込む謎の組織フラッグ・スマッシャーズ。 建物を爆発し金を盗み出すなど、様々な混乱を起こすなか、驚異的なパワーの持ち主も現れる。 トレス中尉がファルコンに見せたのは、すでにないはずの超人血清によって生まれた戦士の映像。 これまでとは何かが違う、予想不能の新たな敵の登場が明らかになった。
その頃、アメリカ政府によるスピーチが行われ、新たな"キャプテン・アメリカ"が発表される―。

監督はカリ・スコグランド、劇場作品もありますが、多くのテレビ作品も手がけている女性監督ですね。記事はありませんでした。
主演のファルコン役でアンソニー・マッキー、「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/06/06/180000 に出演でした。
そしてもう一人の主役はウィンター・ソルジャー役のセバスチャン・スタン、「355」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/02/14/060000 に出演していました。
ホアキン・トレス役でダニー・ラミレス、「トップガン マーヴェリック」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/05/30/060000 に出演していました。
そして今回だけのゲスト役・ジェームズ・“ローディ”・ローズ / ウォーマシン役でドン・チードル、「スペース・プレイヤーズ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/09/05/060000 に出演していました。

さて、キャプテン・アメリカ亡き後、あの盾を補完していたのは友であったファルコンでした。 しかし彼は2代目のキャプテンになることを辞退して? 盾を変換します。アベンジャーズとして、さらに失った5年間として長く留守にしていた故郷、姉のところに戻りますが、姉は子供たちを一人で育てながら苦労していました。 そんな姉の力になりたいと思うサムですが空回りする長閑な展開で始まりますが、事態はやはり彼を戦いの場に駆り出していきます。