anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ミステリと言う勿れ ⑥

2022年作品、松山博昭 品田俊介 相沢秀幸 阿部博行演出、菅田将暉 伊藤沙莉 尾上松也 筒井道隆出演。

第6話 放火殺人に潜む闇、子供を救う炎の天使! 謎の女性の目的は!?

大隣総合病院に検査入院している久能整(菅田将暉)は、退院を翌日に控えた夜、病院の掲示板に秘められた暗号に導かれて院内にある温室へ。 そこで整は『自省録』のページや行を組み合わせた数字で言葉を伝えるライカ門脇麦)と出会った。 ライカは数字で、翌日午後3時に再び温室に来るよう整に指示して姿を消す。
翌日、退院手続きを済ませた整は、ライカが指定した時間まで昼飯を食べようと病院のレストランへ。 すると、患者の下戸陸太(岡山天音)とぶつかってしまう。 整は謝るのだが、陸太は難癖をつけて許さない。だが、冷静に理詰めで返す整に陸太は辟易して去った。
3時になり、整が温室へ行くと床に数字が書かれている。 『自省録』で確認すると、ある場所の土の中となっていた。 整がそこを掘ると、何かが入ったビニール袋が出てくる。 その時、整を静止する女性の悲鳴が。 温室を管理する梅津真波(阿南敦子)だ。 ビニール袋は、事情があって真波が埋めたものだった。 真波から事情を聞いて、整は悩みを解決する。

真波と別れた整は、桜の幹にピンで止められた封筒を発見。 中を見ろというライカの数字に整が開封すると、落書きが描かれた塀の写真が入っていた。 落書きは炎を象ったようなマークに見える。 写真の裏には住所が記されていた。
整が写真に書かれた住所に行くと、一軒家が全焼したようだ。 整は消防官や警官、野次馬の中に陸太を見つけた。 整に見られていると知った陸太は話をしていた井原香音人(早乙女太一)と姿を消した。 すると、いつの間にか整の隣にライカがいて。

イカ役で門脇麦、「あなたの番です 劇場版」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/12/20/060000 に出演していました。
梅津真波役で阿南敦子、「gift」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13864306 に出演していました。
井原香音人役は早乙女太一、「孤狼の血 LEVEL2」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/08/27/060000 に出演していました。
下戸陸太役は岡山天音、「FUNNY BUNNY」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/05/21/060000 が近作ですね。
宗像冴子役は冨田恵子、https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/03/08/060000 に出演していました。

病院の掲示板からある女性と出会うことになります。 ライカという女性は謎めいていて、後半のレギュラーになっていきますね。
しかし今回は虐待問題というシビアなことがテーマになっています。 自分の子供を虐待する親、その時子供は憎んでいるのか? それとも心のどこかで親を求めているのか?


f:id:anttiorb:20220407200047j:plain

f:id:anttiorb:20220407200049j:plain

f:id:anttiorb:20220407200055j:plain

f:id:anttiorb:20220407200058j:plain

f:id:anttiorb:20220407200103j:plain