anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

フライトナイト

1985年作品、トム・ホランド監督、クリス・サランドン ウィリアム・ラグズデール ロディ・マクドウォール アマンダ・ビアース出演。

チャーリー(ウィリアム・ラグズデール)は17歳のごくごく普通の高校生。 ガール・フレンドのエイミー(アマンダ・ビアース)が、TVの恐怖番組「フライト・ナイト」に夢中で彼の青春の欲望に答えてくれないのが悩みの種だ。 ある夜、隣家に越して来た2人組が、棺のようなものを車の中に押し込んでいるのを目撃。

翌夜、チャーリーは女性の悲鳴を聞いた。 そして次の夜、隣家の窓に裸の男女を見た。 男の指の異常な長さ、男はいきなり美女ののどくびにかみついた。 男は吸血鬼だと悟ったチャーリーは、エイミーや悪友のエド(スティーブン・ジョフリーズ)に話すが、信じてもらえない。 警察にかけ込み、刑事(アート・J・エヴァンス)と一緒に隣家を訪ねるが、若い男ビリー(ジーナサン・スターク)に一笑にふされ、刑事も呆れ果てて帰ってしまう。

吸血鬼はその家の主人に招かれないと家に入れないという言い伝えを思い出し、家へもどると母親のジュディ(ドロシー・フィールディング)が、その男ジェリー(クリス・サランドン)を招いていた。 夜、ジェリーが彼に襲いかかって来たが、危うく難を逃れた。 チャーリーは「フライト・ナイト」のホスト、ヴィンセント(ロディ・マクドウォール)を訪ねて助力を請うた。

監督はトム・ホランド、「スティーヴン・キング 痩せゆく男」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/3011355 も面白かったです。
ヴァンパイア役でクリス・サランドン、「SAFE セイフ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/7421689 に出演していました。
チャーリー役でウィリアム・ラグズデール、「リーピング」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13774162 に出演しています。
ヒロイン役でアマンダ・ピアース、初めて見る女優さんでした。

隣に引っ越してきた人間がなんと・・・というパターンは多いですね。
今作もまさにそれがヴァンパイアということですね。 面白い設定は、本体が噛んだ複製?は、太陽には強いとか、十字架にはやはり弱いとか、また十字架の効果はかざす本人が強く信じないと効果がないとか、色々面白いシチュエーション、設定があるんですね。

コメディタッチで進んでいきますが、ハイライトはなかなかスリルがあり、一応続編がある様ですが、見れる環境にあればいいんですが。

 

f:id:anttiorb:20220402083310j:plain

f:id:anttiorb:20220402083314j:plain

f:id:anttiorb:20220402083323j:plain

f:id:anttiorb:20220402083325j:plain

f:id:anttiorb:20220402083330j:plain

f:id:anttiorb:20220402083332j:plain

f:id:anttiorb:20220402083339j:plain