anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ディア・エヴァン・ハンセン

2021年作品、スティーヴン・チョボスキー監督、ベン・プラット エイミー・アダムス ジュリアン・ムーア ケイトリン・デヴァー出演。

エヴァン・ハンセン(ベン・プラット)は学校に友達もなく、家族にも心を開けずにいる。 ある日、自分宛に書いた“Dear Evan Hansen:親愛なるエヴァン・ハンセンへ”から始まる手紙を、図らずも同級生のコナー(コルトン・ライアン)に持ち去られてしまう。 後日、校長から呼び出されたエヴァンは、コナーが自ら命を絶った事を知らされる。 悲しみに暮れるコナーの両親:ラリー(ダニー・ピノ)とシンシア(エイミー・アダムス)とは、手紙を見つけ息子とエヴァンが親友だったと思い込む。 彼らをこれ以上苦しめたくないエヴァンは思わず話を合わせてしまう。 そして促されるままに語った“ありもしないコナーとの思い出”は人々の心を打ち、SNS を通じて世界中に広がり、彼の人生は大きく動き出すー。

きついテーマのミュージカルですね。
監督はスティーヴン・チョボスキー、「ワンダー 君は太陽」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15563734 を記事にしています。
エヴァン・ハンセン役はベン・プラット、「幸せをつかむ歌」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14153013 に出演していました。
ヒロインのゾーイ・マーフィー役はケイトリン・デヴァー、「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/09/11/060000 で主演をしていました。

物語は、極度の自閉症に近い高校生・エヴァン・ハンセン、母との二人暮らしで、母は病院勤務でシフトを断らず家計を守っていました。 学校でも誰も相手にされないハンセン、ちょっと前に腕を折ってしまいギブスをしています。 彼は憧れの女子生徒・ゾーイがいましたが、もちろんただ遠目に見ているだけでした。 彼女の兄のコナーは、ちょっとキレやすく、たまに絡まれますが、その時だけゾーイが兄のことを謝ってくれます。 そんなある日食堂でいきなりコナーがギプスにサインをしにきます。 友達のふりをするだけだといって去って行きますが、彼はエヴァンが書いた自分宛の文章を持っていってしまいました。
しかし次の日、いきなり校長に呼び出され、そこにはコナーの両親が来ていました。 コナーが自殺をしたということで、彼がエヴァン・ハンセン宛の手紙を持っていたということで、友達だと思い、コナーのことを聞かせてほしいということでした。
家族の中でも扱いにくい存在で、親もゾーイも彼を厄介者扱いに正直なっていましたが、その手紙は優しさに溢れていて、エヴァンが唯一の友達だと思っていました。 そしてギプスに名前も書いてあることで、思い出を語ってくれと言われます。 もちろん本当のことを、後日家に呼ばれ正直に話すつもりでしたが、エヴァンは彼の両親の心情を思うと、架空の美しい思い出を語ってしまいます。

今作はミュージカルの映画化で、映画でもミュージカルに作ってあり、演じたベン・プラットがそのまま主演をしています。 テーマは結構重く、エヴァン自身も実は死ぬことばかり考えていた高校生でした。 しかしコナーとの嘘の思い出を語ったことで、いつ役学校で注目の存在になっていくことで、彼の生活が一変します。 しかし母親だけが彼の内面に何かおかしいことが漂っていることを感じるんですよね。 思わぬところから嘘がバレていきますが、ラストは最悪のことまでに至らなかったのは、コナーの母親の優しさと、ある動画が見つかったから、切ない最後でしたが、皆なんとか歩き始めないといけないということなんでしょうね。

f:id:anttiorb:20211213210306j:plain

母はエヴァンのことを気にかけていたが

 

f:id:anttiorb:20211213210311j:plain

木から落ちて骨折をする

 

f:id:anttiorb:20211213210317j:plain

しかし誰もかまってくれなかった時

 

f:id:anttiorb:20211213210323j:plain

コナーがサインを

 

f:id:anttiorb:20211213210327j:plain

そして彼は自殺をし、家族はエヴァンの嘘に癒される

 

f:id:anttiorb:20211213210330j:plain

さらにメールも作り上げる

 

f:id:anttiorb:20211213210334j:plain