anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ワイルドバンチ

1969年作品、サム・ペキンパー監督、ウィリアム・ホールデン アーネスト・ボーグナイン ロバート・ライアン ウォーレン・オーツ出演。

1913年、テキサスとメキシコの国境の町。 パイク(ウィリアム・ホールデン)をリーダーに、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)ら武装強盗団の一味は、鉄道会社の金庫を襲う。

しかし、これは鉄道会社の経営者がパイクたちをおびき寄せるための罠で、待ち伏せていた賞金稼ぎたちと壮絶な撃ち合いになる。 賞金稼ぎのリーダーは、パイクの昔の仲間で、仮釈放中のソーントン(ロバート・ライアン)だった。 仲間を失いながらも、パイク一味は、老ガンマンのサイクス(エドモンド・オブライエン)の待つ農場にたどり着く。

ニセの銀貨を掴まされ、仕事に失敗したパイク一味は、国境を越えてメキシコに逃れる。 その後をソーントンとバウンティハンターたちが追っていた。 1ヵ月以内にパイク一味を捕まえればソーントンの罪は帳消しになるのだ。

やがてパイク一味はメキシコの小さな村にたどり着く。 そこは一味の1人、エンジェル(ジェイミー・サンチェス)の故郷だった。 そこで、エンジェルの恋人テレサ(Sonia Amelio)が、マパッチ将軍(エミリオ・フェルナンデス)の政府軍部隊に連れ去られたことを知る。 パイクたちは追っ手を逃れ、マパッチの部隊の駐屯地アグア・ベルデにたどり着く。 そこで、マパッチの膝の上に乗っているテレサを見たエンジェルは、彼女を射殺してしまう。

エンジェルは捕らえられるが、マパッチを狙ったのではないと分かり釈放された。 パイクは、マパッチから1万ドルの報酬でアメリカの軍用列車から武器を奪うよう依頼され、引き受ける。 列車強盗は成功するが、マパッチの裏切りを予測し、武器と報酬を小分けに交換する。 しかし、エンジェルが武器の一部を反政府ゲリラに渡した事がばれ、エンジェルは捕まってしまう。 パイクたちは、仲間のエンジェルを助けるために、4人でマパッチの軍団に戦いを挑む……。


まあ壮絶な撃ち合い、これだけでも見る価値満点な作品ですね。
監督はサム・ペキンパー、この前「ガルシアの首」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/06/25/180000 を記事にしています。
主演はウィリアム・ホールデン、「オーメン2/ダミアン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14312209 に出演していました。
アーネスト・ボーグナインは、「RED/レッド」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/9208074 に出演していました。


物語はアメリカとメキシコの国境沿いで、パイク、ダッチたちが率いる強盗団が手広く活動しています。 彼らが狙ったのは鉄道会社の金庫でしたが、もちろん開会を怠ってはいませんでした。 そこで激しい銃撃戦となりますが、相手は元仲間で今は賞金稼ぎになっていたソーントンでした。 傷つきながらなんとか脱出したパイクたち、偽の銀貨を掴まされ、彼らの働きは失敗しただけでなく、ソーントンたちも追ってきます。


ストーリーはとにかく強盗団と賞金稼ぎ、さらにはメキシコの軍との戦いなんですが、壮絶な撃ち合いというか、銃の激しい物量戦が見所ですね。 逸話としてサム・ペキンパー監督が、あのものすごいラストシーンでお馴染みの「俺たちに明日はない」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14212517 のスローを駆使した銃撃を超える映像を撮ろうと張り切っているということのようですね。 確かにものすごい迫力と、今回は双方徹底的な撃ち合いがすごいですね。


f:id:anttiorb:20210714181612j:plain

f:id:anttiorb:20210714181615j:plain

f:id:anttiorb:20210714181619j:plain

f:id:anttiorb:20210714181622j:plain

f:id:anttiorb:20210714181625j:plain

f:id:anttiorb:20210714181628j:plain

f:id:anttiorb:20210714181631j:plain