anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

真ひきこさん

2009年作品、永岡久明監督、藤本ゆき 原真司 河西里音 長谷尾万智出演。

さやかたちは下校時間学校に残り教室で談話していた。 そんな中悲鳴を上げてクラスメイトが教室に入ってくる。 そのクラスメイトの男の子はひきこさんが死体を引きずるのを見たという。 半信半疑外を見るさやかたちは、土砂降りの雨の中校庭に立つひきこさんを見つける。 理科室に逃げ込んださやかたちだったが、友達が捕まってしまいひきこさんに引きずられていった。
10年後、さやか(藤本ゆき)はある家を訪れる。 家に入ると何人か先客がいた。 始めは赤の他人だと思っていたが、それは10年前小学校で仲の良かったメンバーだった。 さやかたちは10年前何があったか思い出せずにいた。 そんな中、10年前亡くなった友達の墓参りに訪れる。とそこには1人の女性がいた。 その女性は10年前さやかたちの担任だった久野みずほ(船津未帆)だった。


ひきこさんは口裂け女と混同しますね。
監督は永岡久明、「ひきこさん VS 貞子」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15679375 を先に見ていました。
主演は藤本ゆき、ホラー作品に出演歴があります。
久野先生役で船津未帆、「残酷飯店」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15427820 に出演していました。


物語は小学校の時の放課後、さやかを初め数人が残って話をしていましたが、その中の一人はひきこさんに連れて行かれてしまい、その後行方不明となってしまいます。 担任の先生は吊し上げを食ってしまいます。
その後、10年が経ち消えた少年の家族以外、誰もがこの事件を忘れていました。 成長したさやかと、その時にいた子供たちはその家に行って思い出します。 そしてその事件を忘れていなかったのはやはり担任の久野でした。
しかしそれは思い出してはいけないことでした。再びひきこさんが現れます。


このひきこさんの都市伝説は、あまり知らないんですよね。 だからこのOVを見てこういう姿で、行動をする“妖怪“なんだと言うことを知った感じですね。 そして弱点があることも分かりましたが、でもそれは決定的ではなかったですね。


f:id:anttiorb:20210430190332j:plain

f:id:anttiorb:20210430190334j:plain

f:id:anttiorb:20210430190339j:plain

f:id:anttiorb:20210430190343j:plain

f:id:anttiorb:20210430190347j:plain

f:id:anttiorb:20210430190355j:plain

f:id:anttiorb:20210430190358j:plain