anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ポイズンローズ

2019年作品、ジョージ・ギャロ監督、ジョン・トラボルタ モーガン・フリーマン ブレンダン・フレイザー ファムケ・ヤンセン 出演。

1978年。アメフトのスター選手だった過去を持つ私立探偵カーソン(ジョン・トラボルタは、とある依頼を受けて故郷であるガルベストンへ戻ってきた。依頼された調査を進める中、久しぶりに旧友との再会を果たすカーソン。旧友の中には大物ブローカーとなり裏で町を牛耳っているドク(モーガン・フリーマンの姿もあった。
カーソンがガルベストンに戻ってから数日後、地元のアメフトのスター選手が試合中に不審な死を遂げる。その選手の妻ベッキー(エラ・ブルー・トラボルタ)に疑いの目が向けられる中、ベッキーの母でありカーソンの元恋人でもあるジェイン(ファムケ・ヤンセンは、カーソンに娘の疑いを晴らしてほしいと依頼する。こうして事件の真相を探ることになったカーソンは、裏でドクが糸を引いていることを知り、ベッキーを守るためドク率いる犯罪組織との戦いに挑む。
これはのむコレ作品だったので未見でした。
監督はジョージ・ギャロ、監督作品を見るのは初めてです。
そして共同でもう一人、フランチェスコ・チンクェマーニは、監督3本目ですが、単独監督作品も1本ありますね。
主演はジョン・トラボルタ、「ファナティック ハリウッドの狂愛者」 ファナティック ハリウッドの狂愛者 - anttiorbの映画、映像の世界 (hatenablog.com) が近作です。
 
物語は今は私立探偵をしているカーゾンのお話です。 故郷を離れていた彼ですが、依頼によって帰ってきました。 そして今は実力者になったドクと再会します。
しかしそれとは別の、謎の死亡事件が起きます。 そして彼は故郷にとどまり、事件を追うことになりますが。
 
今作は大物俳優が多数出演しているんですが、全国公開になぜならなかったのか不思議でした。 それは見ていてわかりましたが、ちょっと地味な作りなんですよね。 派手に作ればいいってものではありませんが、それにしてもなかなか盛り上がりに欠けますし、ナレーションがちょっと不自然に感じられました。
トラボルタは上記の出演作のような、怪演の方がインパクトがありましたね

f:id:anttiorb:20201130185131j:plain

旧友と再会

 

f:id:anttiorb:20201130185134j:plain

故郷に帰ってきたカーソンだったが

 

f:id:anttiorb:20201130185138j:plain

ドクは権力を持っていた

 

f:id:anttiorb:20201130185144j:plain

そして新たな事件が

 

f:id:anttiorb:20201130185148j:plain

そしてカーソンは残り

 

f:id:anttiorb:20201130185153j:plain

危険なことに巻き込まれていく

 

f:id:anttiorb:20201130185315j:plain