anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 

2012年作品、庵野秀明総監督、摩砂雪 前田真宏 鶴巻和哉監督、緒方恵美 林原めぐみ 宮村優子 坂本真綾声の出演。

第10使徒との戦いから14年後の世界。 碇シンジ緒方恵美)、綾波レイ林原めぐみ)の二人を取り込んだヱヴァ初号機は、NERVの手によって地球の衛星軌道上に封印されていた。

葛城ミサト三石琴乃)、赤木リツコ山口由里子)ら旧NERV職員で結成した反NERV組織「ヴィレ」はこれを奪うため、アスカ(宮村優子)とマリ(坂本真綾)両名に「US作戦」遂行を命ずる。 アスカの改2号機、マリの8号機が出撃。

NERVはこれを“EVANGELION Mark.04”シリーズの「コード4A」と数体で迎撃を開始するが、2機の連携でこれを撃破。 更に、初号機のコンテナに接近したアスカにMark.04の「コード4B」が襲い掛かる。 危機に瀕した改2号機を救ったのはコンテナ内に封じられたはずの初号機だった。 コード4Bを撃破後再び眠りにつく初号機を回収したアスカは、先に降下したマリを追って地球へ帰還する。
体を拘束された状態のまま目覚めたシンジは、ヴィレが所有する艦隊「AAA ヴンダー」でミサトたちに再会する。 周囲の冷たい態度に戸惑いながら、レイを助けた時から14年経ったと聞かされる。 そして、初号機から発見されたのは自分だけで、レイはどこにもいなかったとも。14年前と姿の変わらないアスカにもレイの居場所を問うが、彼女も取り付く島もない。

一方的にヱヴァに乗るなと告げられ、もしもの時は付けられた「DSSチョーカー」を使い、命を奪うと脅される。直後にヴンダーがNERVのヱヴァシリーズ「Mark.09」に強襲され、騒然とする管内。シンジはMark.09から聞こえるレイの声に応え、止めるミサトたちを振り切りそのまま艦隊からMark.09の手に乗り離脱した。


あれから14年がたっているんですね。
今回から4人体制になっていますね。前田真宏が参加しています。
今回の新キャラというか、今までたびたび出てきていた渚カヲル役を石田彰、「妖怪アパートの優雅な日常」https://anttiorb.hatenablog.com/search?q=妖怪アパートの幽雅な日常

では一色先生の声をしていました。


物語は、あれから14年が経過していました。
NERVは分裂、崩壊していて、ミサト、リツコを中心とした反組織:ヴィレの構成員となっています。そして巨大戦艦に乗っています。
シンジはようやく目覚めますが、彼は時間がそんなにたっていることに気がついていません。 そしてエヴァに乗ることを禁じられ、拘束されてしまいます。 その理由が彼にはわからず、レイはどうなったのか?それだけが気がかりになっていきました。
しかしそこにエヴァMark.09が現れ、レイの声がします。そしてシンジは声の方に乗り移ってしまいますが。


さて、新作直前にまた難解な第3作でした。 地球はもうほとんど絶滅していますが、シンジの父はまだ終わらせないという執念を感じさせる物語になっていますね。 このシリーズは何が正義で、何が正しいのかが、全くわかりません。 そもそもそういう視点で見てはいけない物語なんでしょうね。 使徒とは何だったのか? 人類はなぜ攻撃されていたのか? 疑問符がいっぱい出てくるお話ですね。

 

f:id:anttiorb:20201226191809j:plain

生きていたアスカ

 

f:id:anttiorb:20201226191617j:plain

冷静なマヤ

 

f:id:anttiorb:20201227052100j:plain

はたして彼女はレイなのか?

 

f:id:anttiorb:20201226191407j:plain

現実が理解できないシンジ

 

f:id:anttiorb:20201226191408j:plain

そしてカヲル

 

f:id:anttiorb:20201226191416j:plain

エヴァとは何なのか?

 

f:id:anttiorb:20201227052107j:plain