anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ガン・シティ ~動乱のバルセロナ~ 

2018年作品、ダニ・デ・ラ・トレ監督、ルイス・トサル ミシェル・ジェネール ビセンテ・ロメロ マノロ・ソロ出演。
 
1921年、列車から軍の武器が強奪された。 72時間以内に犯人を見つけられなければ、軍が介入する。 そうすると街は内戦状態になりかねない。
そんな緊迫したバルセロナに、一人の捜査官がマドリードから助っ人として派遣される。 その男の名はアニバル・ウリアルテ(ルイス・トサル)といった。 バルセロナの警察は腐敗していた。
捜査を担当するレディウ警部(ビセンテ・ロメロ)は、列車の運転手を事件の犯人の一味とみなして拷問していた
血まみれになりながら助けを求める運転手、そもそも本当に犯人の一味かどうかも分からない。
その男を警部は外に連れ出した。 人気のない場所で再度尋問するが、男は知らないと言うばかりだ。警部の部下T.B.(Ernesto Alterio)が男に銃を突きつけた。
「待て。新入りにやらせろ」全員がアニバルを見る。 アニバルは躊躇なく男の頭を銃で撃ち抜いた。
 
これも結構面白かったです。
監督はダニ・デ・ラ・トレ、2015年作品がもう1本あるようです。
主演はルイス・トサル、「バンクラッシュ」 バンクラッシュ - anttiorbの映画、映像の世界 (hatenablog.com) を記事にしています。
ミシェル・ジェネールは、「ジュリエッタ」 ジュリエッタ - anttiorbの映画、映像の世界 (hatenablog.com) に出演していました。
 
物語は腐敗の極致になったバルセロナ。 いきなり軍の列車が襲われ、大量の武器が盗まれます。 犯人は、いったい何の集団なのか? アナーキストだと言われていますが、盗まれた武器がどこに行ったのかがわかりません。 まずはその捜索が始まりますが、他の地域から応援が呼ばれ、来たのはたった一人。 男はアニバルと言い、バスク人ということで、バスクと呼ばれます。 レディウ警部の組に入り、4人で行動しますが、腕っぷしが強くすぐに頼りにされていきます。
町では労働者のデモが盛んになっていて、ストが決行されていますが、過激な分子と、穏健派が対立しています。
 
今作はこのアニバルがかっこいいんですよね。 なかなか正体を明かしませんが、傷つきながら、たった一人で真相を突き止め、正しい物の見方をしていく。 ちょっとしたヒーローものでしたね。

  f:id:anttiorb:20201122182629p:plain

バルセロナにやってきたアニバル

 

f:id:anttiorb:20201122182632p:plain

レディウの下に入る

 

f:id:anttiorb:20201122182634j:plain

4人で、武器の行方を

 

f:id:anttiorb:20201122182643p:plain

労働者のデモが行われ、ストに入る

 

f:id:anttiorb:20201122182648p:plain

そしてこの店のオーナーも

 

f:id:anttiorb:20201122182651p:plain

アニバルは不可解な行動をとる

 

f:id:anttiorb:20201122182656p:plain

サラは、アナーキストに傾斜している

 

f:id:anttiorb:20201122182701j:plain