anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

人数の町

2020年作品、荒木伸二監督、中村倫也 石橋静河 立花恵理 山中聡出演。

蒼山哲中村倫也は借金をしており、堕落した日々を送っていた。 ある日、借金取りに暴行を加えられていたところを、見知らぬ男性山中聡に救われる。 男性は蒼山のことを「デュード」と呼び、とある奇妙な「町」に案内した。
その「町」は蒼山と同様に意志が弱く、社会に居場所がない者達で溢れていた。 「町」から出るのも入るのも自由だが、離れることはできなかった。 黄色いツナギを着た「チューター」と呼ばれる者達が町の管理を行っており、住民達は労働を行っていた。 働く代わりに、衣食住は保証されていた。
蒼山は奇妙な「町」で木村紅子(石橋静河という名の女性と出会う。 木村は行方不明になった妹を探すため、自ら「町」に来た人物だった。 蒼山は木村のことを気に掛けるうちに、「町」の秘密に迫ることになる。
 
これは面白かったですね。
監督は荒木伸二、第1回木下グループ新人監督賞の準グランプリを受賞した作品で、初監督作品ですね。
主演は中村倫也、「水曜日が消えた」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/07/01/060000 以来の主演作ですね。
そして石橋静河、「37セカンズ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/02/22/060000 が近作です。
立花恵理は、映画では初めて見ますね。 今作はカギを握る女性役で、好演でしたね。
 
物語は、借金取りに追われ、とうとうこれまでかと思ったときに、謎の黄色い繋ぎの男に助けられます。 その男にデュードと呼ばれ、居場所もないので、彼にいわれたまま連れていかれたところ、そこは奇妙な町でした。
パーカーを支給され、何やらうなじの部分に打ち込まれ、個室を与えられ、バイブルを読むように促されます。 そして決まった挨拶をして話しかけたり、個々でのルールをだんだん覚えていく哲也でした。
ある日外に行ってみないかと誘われます。 そこで、まったく他人の投票用紙を与えられ、特定の候補者に投票させられたり、飲食店に並んで、スマホで写真を取らされたり。 それがどうやら仕事でした。
一方外の世界では、妹を必死に探している女性・紅子がいました。 DVで娘とともに逃げ出した妹・緑を探しているときに、謎の男に遭い、彼女もこの街に連れて来られます。 そして町で妹と再会をしますが。
 
今作は、もしこんな団体?があったら、都合よく使う勢力はいっぱいありそうですね。“人数の町”とは面白い題名ですが、数を集める難しさを代行する“町”ある程度資金力と、ノウハウがあればあってもおかしくない、もしかしたら本当にこういう街があるのかもしれませんね。
 

f:id:anttiorb:20200921191948j:plain

殺される寸前に

 

f:id:anttiorb:20200921191912j:plain

この男に助けられる

 

f:id:anttiorb:20200921191914j:plain

そしてこの街に連れて来られ

 

f:id:anttiorb:20200921191917j:plain

だんだん慣れていく

 

f:id:anttiorb:20200921191922j:plain

そこに現れた紅子

 

f:id:anttiorb:20200921191928j:plain

妹を探しに来たのだが

 

f:id:anttiorb:20200921191935j:plain