anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ピースメーカー

1997年作品、ミミ・レダー監督、ジョージ・クルーニー ニコール・キッドマン マーセル・ユーレス アレクサンダー・バリュー出演。

STARTに基づきロシアから解体される予定の核弾頭10発が盗み出され、そのうちの1発が爆発した。 核爆発を確認したアメリカは、ケリー博士(ニコール・キッドマン)ら専門家を招集、統合参謀本部第2部ロシア担当情報参謀のデヴォー中佐(ジョージ・クルーニー)はウィーンで輸送に使ったトラックの足取りを掴む。 目的地はコンピュータに記載された謎の記号「44E」。
その頃、ボスニアでは外交官のデューサン(マーセル・ユーレス)が国連に派遣されることが決定された。 一方、監視衛星でトラックを捉えたデヴォーは核弾頭8発の回収に成功する。残りの1発はデューサンの手に渡り、外交官の荷物として無審査でニューヨークに持ち込まれた。
犯行後に公表されるはずのIFOR宛てのビデオを観たケリーは、デューサンの言葉や背景から記号「44E」が緯度44度線上のサラエボではなく国連ビルのある東44丁目(マンハッタン)のことであると断定し、大統領から与えられた権限により、ニューヨークを厳戒態勢に指定、大都市ニューヨークを舞台に「核爆弾を背負ったバックパッカーを探す」と呼ばれる大捕り物を行うことに…
 
いきなり一発が爆発するんですよね…
監督はミミ・レダー、「ビリーブ 未来への大逆転」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15917895 が近作です。
主演はジョージ・クルーニー、「マネーモンスター」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14208963 が近作の出演ですが、監督作品もありますね。最近は。
そしてニコール・キッドマン、「スキャンダル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/06/060000 が近作ですね。
 
物語は解体される核ミサイルが盗まれるという大胆なお話です。 ロシアとアメリカのSTARTにより核兵器の削減が約束されましたが、そこに付け込んだ大胆な犯罪に、デヴォーン中佐と、ケリー博士が、事件の追及をしています。 初めは息が合わない二人ですが、切れ者のデヴォーンにだんだん信頼を置いていくケリー、しかし事件は大きな展開を見せていきます。
 
冒頭にも書きましたが、いきなり一発爆発するのは大胆ですよね。それである意味半分くらい世界が終わりになる気がしますが、そこからの物語というのがなんとも大胆ですよね。

f:id:anttiorb:20200910194625j:plain

核が奪われ

 

f:id:anttiorb:20200910194611j:plain

二人が協力し合うことに

 

f:id:anttiorb:20200910194615j:plain

いったい残りはどこにあるのか?

 

f:id:anttiorb:20200910194619j:plain

そしていったい誰が?

 

f:id:anttiorb:20200910194622j:plain

そして危険が迫る

 

f:id:anttiorb:20200910194637j:plain

最悪の事態を避けるために

 

f:id:anttiorb:20200910194639j:plain