anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ミッシング・レポート

2018年作品、サイモン・カイザー監督、ガイ・ピアース ピアース・ブロスナン ミニー・ドライヴァー ジェイミー・ケネディ出演。

大学教授のエヴァン(ガイ・ピアースは妻:エレン(ミニー・ドライヴァー)と2人の子供と幸せで平穏な日々を過ごしていた。 そんなある日、湖で17歳の少女:ジョイス(オデイア・ラッシュ)が行方不明になり、同じ日にエヴァンの車がその湖で目撃されていたことから彼に疑いがかかり警察の捜査の対象になってしまう。
その事件を担当するマロイ刑事(ピアース・ブロスナンによって何度も聴取を受けるが、エヴァンは自分は無実だと訴え続けるのだった。
ジョイスの遺体が湖の中で見つかり検視が始まる。 その結果次第でエヴァンが起訴されるかどうかが決まるのだ。 エヴァンが死亡事件にかかわっているかもしれないという話は世間に知れ渡りイメージが損なわれることを恐れた大学側はエヴァンを解雇してしまう。
今回の事件やエヴァンとの結婚生活に翻弄され続けてきたエレンは怒りが爆発し、エヴァンと大喧嘩になってしまう・・・
 
これは劇場公開はされませんでした。
監督はサイモン・カイザー、作品はこれ1作しか見当たりません。
主演はガイ・ピアース、「ブラッドショット」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/06/01/060000 が近作です。
刑事役でピアース・ブロスナン、「ザ・フォーリナー/復讐者」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15954453 を記事にしています。
 
物語は今まで円満な4人家族だった大学教授のエヴァンでしたが、ある少女の行方不明事件に巻き込まれます。 17歳のジョイスという少女でしたが、そこにエヴァンがいたことで、嫌疑がかかってしまいます。 捜査担当刑事はマロイで、彼はエヴァンを重要容疑者として尋問を繰り返します。
そして彼には浮気の前科があり、妻もだんだんと彼を疑い、そして怒りになって行きます。 そして少女の遺体が発見され、事態はどんどん悪化していきます。
 
今作は劇場スルーとなっていますが、おそらくその理由は、後半のもやもや感なんでしょうね。 キャスト的には十分映画館にかけられそうなんですが、まあ最後まで見ると、そうだろうなあという感じになって行きます。 なかなか難しい作品というか、ぼやっとした作品でしたね。
 

f:id:anttiorb:20200823193816j:plain

湖で少女が

 

f:id:anttiorb:20200823193818p:plain

消えたジョイス

 

f:id:anttiorb:20200823193825j:plain

そしてエヴァンが呼ばれ

 

f:id:anttiorb:20200823193832j:plain

調査を受ける

 

f:id:anttiorb:20200823193836j:plain

円満だった家庭にも

 

f:id:anttiorb:20200823193841j:plain

そして少女に死体が上がる

 

f:id:anttiorb:20200823193849j:plain