anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

劇場

2020年作品、行定勲監督、山崎賢人 松岡茉優 寛一郎 伊藤沙莉出演。

中学からの友人と立ち上げた劇団おろかで永田(山﨑賢人)は脚本・演出を担当しているが、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放し劇団は解散状態に。 演劇に対する理想と現実との間で悩み、言いようのない孤独を抱える永田。
そんなある日、同じスニーカーを履いた沙希(松岡茉優)を見かけ、自分でも驚くほどの積極性を発揮し声をかける。 突然の出来事に戸惑う沙希だったが、様子のおかしい彼を放っておけず、一緒に喫茶店に行く。 沙希は女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っていた。
金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、二人は一緒に暮らし始める。 自分の夢を重ねるように永田を応援する沙希。 永田は自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していき……。
 
男、男性として複雑な作品でした。
監督は行定勲、「リバーズ・エッジ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15396123 が近作でしょうか。 来月にもう1本公開されますね。
主演は山崎賢人、「ヲタクに恋は難しい」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/02/14/060000 では、ある意味怪演でした。
松岡茉優は、「ひとよ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/11/30/060000 が近作ですが、今作の彼女は、女神でした。
 
物語は、もうどん詰まりになっている劇団の脚本家の男・永田のお話です。 いっぱいいっぱいの彼はもうどん底でしたが、そんな時ある画廊で同じ絵を見つめていた女性に出会います。 初対面の人が苦手な彼が、彼女にいきなり話しかけます。 もちろん拒否られますが、尋常じゃない永田が放っておけなくなります。 そして二人は付き合い始め、永田は沙希のアパートに転がり込んでしまいます。
そして女優になる夢を持っていた沙希を、自分の脚本の主人公に据えますが、その舞台は今までにない好評を得ます。 しかし彼女はそれっきり舞台に上がることをしなくなります。
 
今作は、男目線で見ると、この永田という男はクズの限りですね。 脚本家兼役者なんですが、独りよがりで、プライドだけは一見高く、しかし自分の実力は薄々感づいています。 しかし沙希だけは、彼を信じ、支え、すべての生活の面倒を見て行きます。 でも、彼は結局劇団での成功はありませんし、ほとんど1日何もなく生活をしています。
 
彼女がとうとう壊れていく姿は、見ていてつらいんですが、でも最後まで心のどこかで永田を愛している、尊敬している姿は、いじらしく泣けるんですよね。 永田はクズとしか思えませんが、映画は面白かったです。
 

f:id:anttiorb:20200815201729j:plain

ドン詰まりの永田

 

f:id:anttiorb:20200815201721j:plain

しかし沙希は彼を喫茶店に誘う

 

f:id:anttiorb:20200815201724j:plain

野原と二人の劇団

 

f:id:anttiorb:20200815201736j:plain

そして彼女のアパートに転がり込む

 

f:id:anttiorb:20200815201740j:plain

そして彼女を主役に据える

 

f:id:anttiorb:20200815201746j:plain

沙希は永田を支え続ける

 

f:id:anttiorb:20200815201749j:plain