anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

サバハ

2019年作品、チャン・ジェヒョン監督、イ・ジョンジェ パク・ジョンミン イ・ジェイン イ・デヴィッド出演。


1999年、双子の女の子が生まれた。 10分先に生まれた長女は、お腹の中で次女の足をかじって生きていた。 足をかじられた次女をグムファ(イ・ジェイン)と名付けて育てることにし、長女は悪鬼として隠された。 医師はすぐ死ぬだろうと言っていたが、2014年現在も生きていた。
その間に母は病死、父は自殺してしまう。 出生届を出さず、隠し部屋で生活させていた長女は夜な夜な泣き、周囲の村人に何かが居ると言われていた。 牛が大量死し、女祈祷師が隠し部屋に入る。すると蛇が飛びかかり、祈祷師は倒れた。
街ではパク牧師(イ・ジョンジェ)が新興宗教を詐欺集団だとして講演会を開いていた。 外に出ると、お前こそ詐欺師だと信者に暴言を浴びせられていた。 そのパク牧師が、ターゲットとして狙っていたのは鹿野苑という宗教団体だった。 部下のヨセフ(イ・デビッド)を信者として潜り込ませ、真相を探っていた。 ヨセフはお布施も何もいらないと状況説明する。 するとパクは日本のオウム真理教も、最初は何もいらなかったと言うのだった。
そのころ、工事現場で女子中学生の死体が橋の橋脚のコンクリートの中から見つかる。警察が捜査を続けるうち、キム・チョルジン(チ・スンヒョン)という男が浮かび上がる。 キムは鹿野苑の女性リーダーが「広目様」(パク・ジョンミン)と呼ぶ金髪男に会い、お経めいた話をされ、死ねと言われた。 するとキムは屋上から首を吊って自殺した。
パクは部下のヨセフと共に、友人の僧侶を頼り、調査を進めていた。 金髪男ナハルは悪鬼の住む家に来ていた。 グムファは落ち着かなくなり、悪鬼は察したように泣き叫び始めた。 ナハルは隠し部屋の前に行くと、下から手が出てきて掴まれ、倒れてしまう。隙間から悪鬼を見たナハルは恐怖のあまり逃げ出した。
そしてナハルはミョンヒ(ムン。スク)という女性と雪深い山の家に行く。 そこにはナハルの父、キム・ジェソク(チョン・ドンファン)が病床にいて、長髪の男が介護をしていた。 青年はナハルに対しても忠誠心をもっていた…


おどろおどろしい展開のお話です。
監督はチャン・ジェヒョン、2015年作品がもう一つありますが、これも宗教が絡む作品ですね。
主演はイ・ジョンジェ、「オペレーション・クロマイト」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15155777 を記事にしています。
パク・ジョンミンは、「狩りの時間」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/05/23/060000 が今年配信されています。


物語は、20年前に双子の女の子が生まれたことから始まります。 一人は普通の女の子でしたが、もう一人は次女の足をかじっていた恐ろしい子で、すぐに死ぬだろうと言われた子でした。
しかしその子は生き永らえ、でも普通ではない子でした。
一方、新興宗教の恥部を暴く仕事をしているパク牧師は、ある宗教団体に目を付けていました。 詐欺集団だと目星をつけていて、部下を潜り込ませ、いろんなことを暴こうとしますが、この団体、いろいろ怪しいところ以上に、何かおかしいことに気がついて行きます。 それは恐ろしいことにつながって行くんですね。


今作は、いろんな軸が交差している作品ですね。 一方的な怪しい詐欺まがいの新興宗教という側面ではなく、悪魔の子も絡んできます。

何かおどろおどろしんですが、そこがちょっとわかりづらくもなっているんですね。 でも何か引き込まれる作品でした。

 

f:id:anttiorb:20200704210709j:plain

双子として生まれたグムファ

 

f:id:anttiorb:20200704210713j:plain

そしてこの奥には

 

f:id:anttiorb:20200704210717j:plain

パク牧師は

 

f:id:anttiorb:20200704210720j:plain

新興宗教の恥部を暴く

 

f:id:anttiorb:20200704210727j:plain

グムファは姉の存在が

 

f:id:anttiorb:20200704210730j:plain

ナハルも近づけない

 

f:id:anttiorb:20200704210734j:plain