anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

2人のローマ教皇

2019年作品、フェルナンド・メイレレス監督、アンソニー・ホプキンス ジョナサン・プライス出演。


2005年4月、教皇ヨハネ・パウロ2世が死去。 ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿ジョナサン・プライス)、新しい教皇選出の為にバチカンに召集される。 コンクラーベにより、ドイツのヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿ベネディクト16世(ンソニー・ホプキンス)が教皇に選出される。 ベルゴリオは2番目に高い投票数を獲得する。

7年後、カトリック教会はバチカンのバチリークス・スキャンダルに巻き込まれ、ベネディクトの在職は隠蔽における彼の役割に関する公の非難によって傷つけられた。
2012年、ベルゴリオは枢機卿辞任を願い出たが、教皇ベネディクト16世からの返答はなかった。 ベルゴリオは自分の辞表を教皇に手渡すためローマ行きのチケットを手配する。 その直後、バチカンへ来るようにとの返信を受け取る。

ベルゴリオと教皇ベネディクトは、教皇の別荘であるカステルガンドルフォ宮殿で会う。 2人は神と教会の役割について議論する。ベネディクトはベルゴリオの辞任を拒否し、辞任する事が世間には教会への批判と映り、カトリック教会を弱体化させると告げる。

ベネディクトとベルゴリオは違いを脇に置いて非公式に対話をし徐々に熱心になっていく。 ベネディクトは司祭職に至った経緯を語り、彼の個人的な関心について話した。ベルゴリオは、彼の若い頃の人生と司祭職への道を語る。 彼は婚約を解消しイエズス会に入会した。 2人はベネディクトのお気に入りのテレビ番組、コムミサール・レックスを見る。 ベルゴリオの辞任に関する議論がさらに遅れる…


二人の会話から、今までの人生を語る作品ですね。
監督はフェルナンド・メイレレス、「ブラインドネス」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2481281 を記事にしています。
主演は二人、アンソニー・ホプキンスは、「マイティ・ソー バトルロイヤル 」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15225271 が近作ですね。
ジョナサン・プライスは、「天才作家の妻 40年目の真実」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15951053 が近作です。


物語は、ヨハネ・パウロ2世が死去したところから始まります。 コンクラーベベネディクト16世が選出されますが、次点だったのがベルゴリオ枢機卿でした。
しかし7年後、バチカンは危機にさらされます。 バチリークス・スキャンダルと呼ばれるスキャンダル、ベルゴリオはやめるつもりで法王と会う約束をしますが、拒否されてしまいます。
そしてやっと二人きりの時間が作られます。


今作はネットフリックスで配信され、その後劇場公開にもなりました。 作品中、ベルゴリオの半生が結構面白いんですね。 本人には負い目のような出来事もあり、それがある意味トラウマになっているようですが、彼の立場がいかに今のバチカンに必要なのか? それがだんだんと自覚していくシーンもなかなかでした。
闇の部分はあまり描かれていませんが、今作はフィクションのところも多いようです。


f:id:anttiorb:20200418192547j:plain

コンクラーベで法王が選出される

f:id:anttiorb:20200418192552j:plain

ベルゴリオは次点だった

 

f:id:anttiorb:20200418192605j:plain

そして7年後

 

f:id:anttiorb:20200418192608j:plain

二人の機会ができ

 

f:id:anttiorb:20200418192616j:plain

話し込む

 

f:id:anttiorb:20200418192620j:plain

そして辞任の行方は?

 

f:id:anttiorb:20200418192623j:plain