anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

野性の呼び声

2020年作品、クリス・サンダース監督、ハリソン・フォード ダン・スティーヴンス カレン・ギラン オマール・シー出演。


バックは、カリフォルニア州のミラー判事(ブラッドリー・ウィットフォード)の邸宅でペットとして快適な生活を送っていた。 バックは大きくやんちゃで、一緒に住む人間を度々困らせていた。
あるとき、パーティーを台無しにしてしまったバックは、反省のためにポーチに出されてしまう。 そのとき、男に連れ去られ、売り飛ばされてしまう。
ゴールドラッシュに沸くカナダのユーコン準州では、体力のある犬がそり犬として高値で取引されていた。
バックは船での輸送中に棍棒で殴られ、棍棒を持つ人間には逆らえないと学ぶ。 たどり着いた街では、ジョン・ソーントン(ハリソン・フォード)が落としたハーモニカをくわえて渡した。 そしてバックは、郵便配達の仕事をしているペロー(オマール・シー)、フランソワーズ(キャラ・ジー)に買われ、そり犬として働くことになる。

最初は、うまく走れなかったり、寒さに戸惑っていたが、徐々に適応していく。 また、先導犬のスピッツは性悪で、仲間の犬たちに疎まれており、対して思いやりのあるバックは仲間の犬たちの信頼を得ていく。
あるとき、川の氷が割れフランソワーズが川に転落してしまう。 バックは迷うことなく川に飛び込み、フランソワーズを助け出した。 この出来事により、ペローとフランソワーズの絶対の信頼を得うるのだった。
その夜、そんなバックのことがおもしろくないスピッツは、バックに襲い掛かる。 しかし、最終的にバックが勝ち、スピッツは去っていった。
先導犬のスピッツがいなくなり、代わりにバックが先導犬を務めることに。 バックは仲間の犬から信頼を得ていたため、素晴らしいチームワークを発揮していく。
大きな雪崩に遭遇するも、野性の感で洞窟を進み、危機を回避してしまう。 バックのおかげで、ペローたちは初めて郵便を期限内に届けることに成功したのだったが…


これは期待していた作品です。
監督はクリス・サンダース、「ヒックとドラゴン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/1537558 で共同監督を、そして2、3でも製作総指揮についています。
主演は雑種のバックです。セント・バーナードスコットランド系牧羊犬のミックスという感じで、大柄でやんちゃな犬です。
そしてハリソン・フォード、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/01/05/060000 に少し出演していましたね。
ダン・スティーヴンスは、「リディバイダー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15555288 が近作ですね。


物語は、ミラーという判事に買われていたバックという犬の物語です。 やんちゃなバックは、油断すると大きな体でそこら辺のものを吹っ飛ばしてしまいます。 もちろん家の住人はそのあたりは理解していて、扱いには慣れています。 しかし、大事なパーティーの日、家の人がそちらに気を取られていた隙に、パーティーのごちそうをすべて台無しにしてしまいました。
さすがに外に出されたバック、しかしそこを狙われ彼は連れ去られてしまいます。 そして彼が売られた先がカナダのユーコン準州でした。
そこでそり犬として売られていくバック、しかしそこでバックはだんだん頭角を現していきます。


今作はバックの成長譚になっていますが、彼にかかわる人間がまたいろいろなんですね。 飼い犬の時の判事は裕福なジェントルマンですが、そこからはいろいろなんですね。 郵便配達を犬ぞりでやっていたペローとフランソワーズ、そして実はこの後とんでもない男に買われていきます。 そして最後はジョンとともにあるところに旅立っていきます。


そしてある人生の分岐点に、犬だから犬生ですかね(^^)ジョンのことを慕いながら、彼の居場所が見つかっていく、優しく強いバック、見ていて頼もしいし、大きな愛を感じます。

 

f:id:anttiorb:20200311195154j:plain

売られた先は

 

f:id:anttiorb:20200311195159j:plain

犬ぞりをしているペロー

 

f:id:anttiorb:20200311195207j:plain

バックが先頭になると結束が強くなるが

 

f:id:anttiorb:20200311195216j:plain

しかしこの男が

 

f:id:anttiorb:20200311195225j:plain

次の主に

 

f:id:anttiorb:20200311195233j:plain

しかし結局はジョンとともに

 

f:id:anttiorb:20200311195240j:plain