anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

バッドボーイズ

1995年作品、マイケル・ベイ監督、マーティン・ローレンス ウィル・スミス ティア・レオーニ チェッキー・カリョ出演。


マイアミ市警の奥深くに保管されていた1億ドル相当の押収ヘロインが、ある夜、何者かに盗まれた。外部に漏れる前=72時間以内の解決が至上命題となり、麻薬特捜班のハワード警部(ジョー・パントリアーノ)は、その任をマーカス(マーティン・ローレンス)とマイク(ウィル・スミス)の両刑事に命じた。

家族主義者のマーカスとプレイボーイのマイクは正反対の性格だが、パートナーシップは抜群。 が、勢い余っての暴走が悩みの種だった。 彼らはまず窃盗団の侵入経路となった換気口の取り付け業者を洗ったが、すでに殺されていた。 そこへホテルでコールガールが殺されたとの報が入る。 被害者はマイクの元恋人マックス(カレン・アレクサンダー)で、現場にはもう一人の女がいたらしい。

マイクはマックスがいた売春クラブへ足を運ぶが、時すでに遅くマダムも何者かに殺されており、彼も襲撃を受ける。 その頃、警察にジュリー(テア・レオーニ)と名乗る女から通報が入った。 彼女はマックスの親友で、ホテルで殺しの現場を目撃したのだった。 マックスは強盗団一味の一人がヘロイン・パーティーを開こうとして呼び出され、仲間うちの争いのとばっちりで殺されたらしい。

マーカスは保護を求める彼女を一味の手から救う。 ジェリーの証言でマックスの殺害現場にいた一味の一人の面が割れた。 男はノア(マーク・マコーレイ)という退職警官で、マーカスとマイクは逮捕のためディスコ・クラブに向かう…


新作公開ということで、旧作を見直しました。
監督はマイケル・ベイ、「6アンダーグラウンド」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/01/13/180000 が最新作ですね。
主演は二人、マーティン・ローレンスは、あまり記事にしていませんね。
そしてウィル・スミス、「ジェミニマン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/11/11/060000 が近作ですね。


物語は、型破りな二人の刑事のお話。 といっても家庭を大事にするマーカスと、独身でプレイボーイのマイク、もちろん暴走するのはマイクなんですが、止めようとして結局一緒に切れてしまうのもマーカスです。
しかしそんな二人が刑事でいられるのはハワードのおかげ、彼ら二人の実力を一番理解している、そしてやりすぎはありますが、結果を出す二人でした。 しかしヘロインがらみの殺人事件が起こり、殺された女性がマイクのもとの彼女で、そこから連続で関わり合いがあった人間が次々と。


今作はなかなか今見ると粗削りな感じを受けますね。 また若い二人の言い合いのシーンがやはり多く感じられ、それがまた若さなのかもしれませんね。

ただ、アクションシーン、爆破シーンはやはり半端じゃないですね。 マイケル・ベイらしさもよく出ていました。

 

f:id:anttiorb:20200208211638j:plain

暴走してしまうマイク

 

f:id:anttiorb:20200208211645j:plain

マーカスとのコンビは絶妙

 

f:id:anttiorb:20200208211653j:plain

ジェリーが目撃者

 

f:id:anttiorb:20200208211702j:plain

そして彼女を守るために

 

f:id:anttiorb:20200208211709j:plain

二人が体を張る

 

f:id:anttiorb:20200208211719j:plain