anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

リング

1927年作品、アルフレッド・ヒッチコック監督、カール・ブリッソン リリアン・ホール=デイヴィス イアン・ハンター出演。

見世物小屋で働くジャック(カール・ブリッソン)は「ワン・ラウンド・ジャック」の異名を持つボクサーだった。 観客の中から対戦相手を募り、希望者全員と闘う。 もしもワン・ラウンド以上試合が続けば賞金を払う事になっていたが、誰もワン・ラウンド以上続かなかった。
そんな時、同じ見世物小屋の受付嬢ネリー(リリアン・ホール)に一目惚れをした男性ボブ(イアン・ハンター)はネリーに声を掛ける。 ネリーもボブに好感を抱いたが、実はネリーとジャックは結婚の約束をするほど親密な恋仲だった。 ネリーに色目を使うボブが気に入らなかったジャックは、ボブに対戦相手になってほしいと声を掛ける。
ネリーはからかいながら、ボブは勇気がないみたいと話す。 ボブはネリーに良いところを見せようと対戦希望し、見世物小屋で対戦が決まった。
しかしいざ蓋を開けてみると、なんと試合は4ラウンドまで進み、挙句にジャックは倒されてしまった。興行主は渋々賞金を払い、意気揚々とネリーの前に再び現れたボブだったが、ネリーは結婚の約束をしているのに無職になったと怒り出してしまう。 ところがボブはボクシングヘビー級チャンピオンで、興行主と共に練習相手のスカウトに来ていたのだった。
その日の夜、再び2人の前に現れたボブとボブの興行主。ジャックは興行主にスカウトされ新しい就職先が決まったが、一方でボブは先程の賞金で、ネリーにリング型のブレスレットをプレゼントする。そして2人はこれが運命だと言わんばかりに惹かれ合い、熱い抱擁とキスを交わすのだった...
 
1927年のイギリス時代ですね。
監督はアルフレッド・ヒッチコック、この頃の時代はイギリスにいた頃で、なんとこれはサイレント映画です。 初めてじっくり見ましたが、味わいありますね。
主演はジャック役のカール・ブリッソンと、ネリー役のリリアン・ホール=デイヴィスに二人ですね。 まあこの頃の俳優さんたちは正直わかりませんね。
 
物語は、見世物小屋で働く恋人同士のお話です。 腕自慢の素人ボクサーのジャックは、素人相手には無敵で、1ラウンドのジャックと呼ばれて、何とか彼と戦い、2ラウンド目に行けば賞金が出るということで挑戦者が出てきますが、ことごとく倒されます。
そこに一人の男が。 ネリーの事が気に入り小屋に入ってきますが、そんな男が気に入らないのがネリーの恋人のジャックでした。 しかしこの男ボブは強いんですね。
 
今作は、初めてのサイレントということで、たぶんに物語りは自分で展開を追うようになりますね。 もちろんたまに字幕は入りますが、絶えず入っているわけではないからですね。
ボクシング映画は、この頃からあったんですが、ネリーの心理描写がなかなか良かったです。
 

f:id:anttiorb:20191225195335j:plain

見世物では無敵のジャック

 

f:id:anttiorb:20191225195341j:plain

どんな相手も1ラウンドで倒される

 

f:id:anttiorb:20191225195401j:plain

しかし

 

f:id:anttiorb:20191225195353j:plain

この男が挑戦して負けてしまう

 

f:id:anttiorb:20191225195442j:plain

相手はチャンピオンで、とうとう対決に

 

f:id:anttiorb:20191225195448j:plain

絶体絶命のピンチに

 

f:id:anttiorb:20191225195456j:plain