anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

スティーヴン・キング 8つの悪夢 ⑤ ロード・ウイルスは北にむかう

2006年作品、セルジオ・ミミカ=ゲッザン監督、トム・ベレンジャー出演。


著名な小説家のリチャード(トム・ベレンジャー)は、健康診断の結果、再検査が必要と診断される。 このことで不安を抱えていたリチャードは、たまたま目にした絵に惹きつけられ購入する。 それが悪夢の始まりだとも知らずに…。

 

これはわかりやすいお話かもしれません。

監督はセルジオ・ミミカ=ゲッザン、テレビ作品の監督を主にしていますが、長編映画はまだ撮っていないようです。

主演はトム・ベレンジャー、彼と言ったら「山猫は眠らない」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14890939 シリーズですね。 一応全部見ていますが、なかなか面白いですね。

 

物語は作家をしているリチャードが、不思議な世界というか、影に付きまとわれていくお話です。健康診断で引っかかったリチャード、そしてある画に目が行くんですね。 その画をなんとなく購入してしまうんですが、それからその画に取り付かれたようになってしまいます。

 

自分に対する不安があるとき、なにかにつけ入れられる、そんなことってある感じがします。

主役の小説家は、おそらく普段は自信家で、マイペースで生きているんでしょうが、そんな彼に隙が出来た瞬間に、というお話です。

 

f:id:anttiorb:20191212204538j:plain

健康診断の結果が気になるリチャード

 

f:id:anttiorb:20191212204546j:plain

そして立ち寄った店でこの画を購入

 

f:id:anttiorb:20191212204552j:plain

しかしそれは・・・

 

f:id:anttiorb:20191212204559j:plain