anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

国家が破産する日

2018年作品、チェ・グクヒ監督、キム・ヘス、ユ・アイン、ホ・ジュノ、ヴァンサン・カッセル出演。


経済が右肩上がりの成長を遂げる中、韓国は1996年にOECD(経済協力開発機構)に加盟し、先進国の仲間入りを果たした。 国民の多くが自らを中間層と自覚し、今後も好景気が続くと信じて疑っていなかったが、翌年の1997年11月には、アメリカの投資家たちは韓国から手を引き始める。
韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョン(キム・ヘス)は通貨危機を予測し、報告を上げるが、政府の対応は遅れ、10日目にしてようやく上司からの呼び出しを受ける。
ハンは国家破産まで残された期間は7日しかないと訴え、深刻な事態を受け、対策チームが急遽招集されるが、国民に知らせるべきだと主張するハンに対して、財務局次官のパク・デヨン(チョ・ウジン)は、混乱を招くだけだと頑なに拒否する。
ハンは「健全な中小企業は救うべきです」と食い下がるが、対策チーム長である経済主席(オム・ヒョソプ)の判断で国家破産の危機は非公開となり、対策チームも秘密裏で会合を持つこととなってしまう。
国家がそのような危機に陥っているとは夢にも思わない町工場の経営者ガプス(ホ・ジュノ)は、大手百貨店ミドパからの大量発注を、手形決済という条件で受けてしまう。
一方、この混乱を独自の判断でキャッチしている男がいた。 ノンバンク「高麗総合金融」社員のユン・ジョンハク(ユ・アイン)。 ラジオで多くの庶民が生活の窮状を訴えているのを聴いたことが彼の転機になった。 会社を退職し独立したユンは、ノンバンク時代の顧客を集め、韓国経済が陥っている金融の混乱状態を説明し、国家は破産の危機を迎えていることを熱弁する。「もしそれが本当だとしても政府が対策をこうじないわけがない」とある顧客が言うが、ユンはきっぱりと「政府はなんの処置もとっていない。 私はその無能と無知に投資するつもりです」と述べるのだった。

あまりに突飛な話だと殆どの顧客は退出するが、2名だけが彼の話に興味を持ち投資を申し出る。
11月18日。 ハンたち通貨政策チームは、上層部を動かせる証拠を探そうと、緊急調査を行うが、企業や銀行の杜撰さ、銀行監督局が何の役にもたっていない事態を目の当たりにし愕然となる。
その頃、パク財務局次官は、ハーバード大出身の先輩と共に、有力財閥「イルソングループ」の子息(トンハ)と密かに会い、もうすぐ国が破産する、それに備えるべきだとお父様にお伝えくださいと情報を流していた。
ユンは株とウォンが暴落すると予測してドルを買いあさり、市場は彼の予測通りとなっていく。 大手企業の倒産が次々と伝えられる中、パク次官は、電話対応に追われる職員たちに「否定しろ! 口をすべらせるな!」と怒鳴り、政府は「一時的な混乱」と発表してしまうのだった。
そしてとうとう、11月19日、ミドパデパートが倒産寸前というニュースが流れ、ガプスはあわてて、担当者のもとを訪ねていくが、彼以外ににも多くの人々が詰めかけていて、あたりは騒然となっていたのだった・・・

 

これはほぼ実話ですね。

監督はチェ・グクヒ、監督2作目が今作です。

主演はキム・ヘス、「グッバイ・シングル」 を記事にしています。 あの作品は思いっきりコメディエンヌでしたが、今作は一転ですね。

そしてユ・アイン、「ベテラン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13923162 を記事にしています。

 

物語は1997年に起こった韓国の経済危機のお話です。 OECD加盟で浮かれていた韓国でしたが、その時もう足元に忍び寄ってきていたのは、経済崩壊でした。 それに気がついていたのはごくわずか、アメリカ投資家の動きを察していた民間のトレーダーのユン・ジョンハクそして、韓国銀行の通貨政策チーム長のハン・シヒョンでした。

もちろんチームはハンチーム長の分析を疑いませんでしたが、財務局次長が強行に混乱を恐れて隠蔽しようとします。 しかし事態はそんな悠長なことを行っている余裕などありませんでした。

一方、ユンはこれが一世一代のチャンスと思い、二人の投資家を引き込み、一攫千金を計画します。

 

今作は、韓国がIMFに助けを求めるまでのお話ですね。 それで解決じゃないかと当時は思っていましたが、IMFと言うのはちょっと不気味な存在だという事がよくわかります。 ヴァンサン・カッセル演じる専務理事のやり方は、アメリカの代弁者であり、国を乗っ取る片棒を担いでいるだけなんですね。

今作をみると、アメリカに服従せざるをえない、韓国の立場と、今の文政権がなぜ左翼思考なのかも、ちょっとわかる気もしますが。

 

f:id:anttiorb:20191209192317j:plain

国家存亡の危機を掴むハンのチーム

 

f:id:anttiorb:20191209192324j:plain

ユンもそれを感じていた

 

f:id:anttiorb:20191209192331j:plain

何とか回避する方法を模索するチーム

 

f:id:anttiorb:20191209192340j:plain

ユンは投資家を募る

 

f:id:anttiorb:20191209192349j:plain

ガプスはそれを知らず、手形を貰ってしまう

 

f:id:anttiorb:20191209192357j:plain

そして、この男が乗り込んでくる

f:id:anttiorb:20191209192408j:plain