anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ベテラン

2015年作品、リュ・スンワン監督、ファン・ジョンミン主演。

中古車売り場に来た、カップルのような男女、色々見た中で、ある業者から1台の車を買った。 しかし業者の男は、こっそりと車に発信器を取り付けたのだった。
その夜、駐車場に来た業者の男は売ったはずの車を盗みに来た。そしてそこ車のナンバープレート、他いろいろ改造してもう一度売ろうとしているらしい。 そしてトランクを開けた時男が出てきた。
その男は、車を買った男で、彼はソ・ドチョル(ファン・ジョンミン)という刑事だった。 そしてもう一人の女は、ミス・ボン(チャン・ユンジュ)という同僚の刑事で、この業者をマークしていたのだった。
あっという間にそこにいた悪徳業者を一網打尽したソ・ドチョル、遅れてチームのメンバーがやってきた。
彼のチームは、正義感の強いベテラン刑事ソ・ドチョル、オ チーム長(オ・ダルス)率いる広域捜査隊でスタイル抜群のミス・ボン(チャン・ユンジュ)、肉体派ワン(オ・デファン)、年少のユン(キム・シフ)で、ともに特殊強力事件を担当している。
そして今度は逮捕した悪徳業者が、取引をしているロシアの組織も上げようと港に繰り出していた。 行きには、一応物の車を、知り合いのトレーラー運転手に運んでもらい、現場に向かったチームは、派手な大取り物の末、ロシア人たちも確保、次々と成果を上げていたが、少々荒っぽいのも事実だった。
ある日ドチョルは、政府にも影響力を持つ大財閥の3世チョ・テオ(ユ・アイン)とパーティーで出会うことになる。 派手な男で傲慢で、危ない匂いがしたドチョルは、彼から犯罪の匂いをかぎ取る。 それからまもなくしてテオの同族会社シンジンブ物産社員が自殺するのだった。 彼は港までトレーラーを運転した男で、ドチョルに連絡してきたのはその息子だった。
泣きながら、息子はドチョルに変なことを言う。 父が殴られて、その後タクシーに乗せられてひとりで家に帰ったことを。
殴られたという事実は捜査では出てこなかった。 担当部署でもないドチョルだが、ここからシンジンブ物産に対して個人的に捜査を開始するのだった。 しかし、なかなか大企業の大きな壁が立ちふさがってくるのだが…

セカンド上映でしたが、韓国アクション作品で、「ベルリンファイル」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9830117.html のリュ・スンワン監督作品ということで見に行きました。
主演は「新しき世界」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13536660.html では、新興ヤクザに扮したファン・ジョンミン、今回は“ベテラン”と言われている刑事役でした。 まだまだ血気盛んな刑事で、ベテランではない感じでしたが。
悪役は、ユ・アイン。 彼の作品は、まだあまり見ていませんが、キレキレのバカ息子役は凄まじかったですね。 ラストのカーチェイスからの、格闘シーンは大いに見せてくれましたが、それ以上に傲慢で、どうしようもないボンボン役が嵌っていましたね。
物語は、不当解雇されたトレーラー運転手の謎の自殺の背景を探る刑事ドラマなんですね。 日本なら2時間ドラマくらいの作りですが、情感こもった韓国作品と、大企業全盛の国内事情などが合いまって なかなか日本とは違う社会がよくわかるお話になっています。
日本と似ているところ、全く違うところが同居している韓国社会、新聞社も、警察も、先輩後輩で結構支配されていて、さらに金を掴まされ、なかなか汚職社会は根強いんでしょうね。
なかなか面白い、アクションドラマでした。

イメージ 1
悪徳輸出業者に乗り込むドチョル

イメージ 2
そしてチームの面々

イメージ 3
さらに港でロシア人たちも捕まえる

イメージ 4
シンジンブ物産のテオ

イメージ 5
やりたい放題のボンボン、ドラッグをしている

イメージ 6