anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ターミネーター:ニュー・フェイト

2019年作品、ティム・ミラー監督、リンダ・ハミルトン アーノルド・シュワルツェネッガー マッケンジー・デイヴィス ナタリア・レイエス

1998年、T-1000型ターミネーターとの死闘を制し、スカイネットの台頭を阻止してからおよそ3年。 サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)と10代のジョン・コナー(エドワード・ファーロング)は、メキシコのビーチで束の間の休息を取っていた。  そこへT-800が現れサラの目の前でジョンを抹殺する。 必死に抵抗するサラの力も虚しく、死んでしまったジョンを抱き上げるサラ。  審判の日は回避されたが、スカイネットの存在した時間軸が消滅される前に未来から送り込まれたT-800がもう一体現存していたのだった。 任務を遂行したT-800はそのままビーチを後にする。
時代は変わり2020年。  メキシコに2体の戦士が未来から送り込まれた。 1体はT-1000を遥かに凌ぐ能力を持つ新型ターミネーター: REV-9 (ガブリエル・ルナ)そしてもう1体は、ターミネーターの製造過程で発生したサイバネティクス技術を、抵抗軍が人体に応用した強化人間グレイス(マッケンジー・デイヴィス)という長身の女性だった。
REV-9は到着後すぐに行動を起こし、ダニー・ラモス(ナタリア・レイエス)という人物の家に出向かう。本人が留守のため応対した父親を殺して家の中を物色し、ダニーは弟のディエゴ(ディエゴ・ボネータ)と共に近くにある工場に勤務していることを突き止め、工場内に侵入する。 
一方ダニーはディエゴと共にいつもと変わりなく工場内で仕事をしていたが、そこへ父の姿に変身したREV-9が接触。 ダニーを殺そうとするが、同じく工場内に潜入していたグレイスによって間一髪で助けられる。 ダニーは状況が理解出来ないが、父親だと思った筈の人の顔から金属骨格が剥き出しになっているのを見て、状況が読めぬまま弟のディエゴ、グレイスと共に工場内から車で逃げ出す。
REV-9が大型トラックにて一行を追跡し、グレイスはその最中に負傷する。 REV-9は強力な内骨格と、形状を変化させる液体金属の外装に分離、別々のエンティティになる能力を披露する。  REV-9は弟ディエゴを殺し、ダニーとグレイスを追い詰めていくが、そこに謎の女性が現れ、REV-9を爆発物で一時的に無効化する。 彼女こそ1995年にサイバーダイン社を破壊し、スカイネットの台頭を阻止したサラ・コナーだったのだ。
ダニーとグレイスにはその人物が一体誰なのか不明であったが、サラはグレイスの医薬品を入手した後、モーテルへと退却する。  モーテル内でグレイスは自分の任務についてダニーとサラに話す。 グレイスは2042年からダニーを保護する為に未来から送られたと説明する。 サラはダニーもまた自分と同様に、将来人類抵抗軍のリーダーを産む存在だと思い、保護の協力を誓う。
サラは「審判の日」を自分とジョンで防いだことや何者かに送られたメッセージを元に、ダニーとグレイスの所在が判明し向かったのだと話す。 メッセージは何通もサラの元へ届いており、文末には必ず「ジョンへ」と記載されていた。 しかし、送り主は不明。 グレイスの来た未来ではスカイネットやジョン・コナーは存在せず、代わりに「レギオン」という名のAIが覚醒し、それが人類を脅威と判断。 核攻撃を行い人類の存続が脅かされていることを話す。
ギオンは世界中のサーバーを掌握しており、抵抗軍は核デバイスを爆発させるEMP(電磁パルス攻撃)を開発して、機械軍を壊滅しようと画策している状態であると説明する・・・
 
製作陣にキャメロンが戻った新作です。
監督はティム・ミラー、「デッドプール」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14189012.html で監督デビュー、そして今作となります。
なんと言ってもリンダ・ハミルトンが復帰ですね。「バトル・オブ・バミューダトライアングル」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15565605.html が近作ですね。
そして二人の重要キャラ、一人がグレイス役のマッケンジー・デイヴィス、「タリーと私の秘密の時間」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15646987.html に出演していましたが、不思議なお話でしたね。
ダニー役はナタリア・レイエス、今作で初めて見る女優さんですが、もし続編が出来るとしたら彼女は欠かせません。
 
物語はいきなりショッキングなシーンから始まります。 ジョンがT-800に殺されてしまいます。 ターミネーターは1対だけではなかったんです。 そして2020年、未来からまた新たな刺客が現れます。 しかしターゲットは誰なのか? それはダニーという女性でした。 そしてもう1体、強化タイプの人間女性戦士が現れ、ダニーを守る為に来たようでした。
そして戦闘が始まりますが、強化された新たなターミネーターは分裂することも出来るようです。 ダニーは弟を殺され、危機一髪の時に現れたのが、あのサラ・コナーでした。 一体ダニーはどんな存在なのか?ターミネーターを送った存在は?
 
今作は監督こそティムですが、やはりキャメロンの色が濃いですね。 なんか、「1」と「2」をたしたような感じがしますね。 アクションシーンが言うまでのありませんが、しっかりと感動できるところもあり、私は及第点をつけたいですね。
もしさらなる続編が出来るなら、もうシュワちゃんは出ないそうですが、リンダは続投しなければいけませんね。 しかし、これで最後のような気もしますが。
 

f:id:anttiorb:20191130213418j:plain

またも未来から来たターミネーター

 

f:id:anttiorb:20191130213428j:plain

そして彼女もやってきた

 

f:id:anttiorb:20191130213434j:plain

ダニーを守る為に

 

f:id:anttiorb:20191130213453j:plain

分裂も出来るタイプ

 

f:id:anttiorb:20191130213446j:plain

危機一髪で現れたサラ

 

f:id:anttiorb:20191130213501j:plain