anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ジョーカー


財政難に陥り、人心の荒むゴッサムシティに住む大道芸人のアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は、母ペニー(フランセス・コンロイ)の介護をしながら、自身もまた福祉センターでカウンセリングを受けながら毎日を過ごしていた。 彼は、発作的に笑い出すという病気を患っていた。 アーサーはコメディアンを目指していたが、なかなか機会に恵まれず、それどころか不良少年に仕事を邪魔されたことの責任を押し付けられるなど、報われない人生だった。
ある日アーサーは、大道芸人の派遣会社での同僚・ランドル(グレン・フレシュラー)から、護身用にと拳銃を借り受ける。 だが、小児病棟での仕事中にそれを落としてしまったことが原因で、会社を解雇される。
その帰り、アーサーは女性に絡んでいたウェイン産業の証券マンたちに暴行され、彼らを拳銃で射殺してしまう。 現場から逃走したアーサーは、言い知れぬ高揚感に満たされる。
しばらくすると、この事件は貧困層から富裕層への復讐として社会的に認知され、ゴッサムの街では、犯行当時のアーサーのメイクにインスパイアされた、ピエロの格好でのデモ活動が活発化していくことになる。
一方で市の財政難により社会福祉プログラムが削減されてしまい、アーサーはカウンセリングを受けることができなくなってしまう。
ふとしたことから知り合った隣室の未亡人ソフィー(ザジー・ビーツ)と仲良くなったアーサーは、彼女を、コメディアンが夜毎ショーを行うバーへ案内し、初めてコメディアンとして人前に出る。 発作で笑いだしながらも、アーサーはショーをやり遂げる。その晩、自宅へ戻ったアーサーは、母が、かつて家政婦として雇われていた実業家トーマス・ウェイン(ブレット・カレン)へ宛てた手紙を読み、自分がトーマスの隠し子であることを知る。
真実を確かめにウェイン邸へ赴いたアーサーだが、トーマスの息子・ブルース(ダンテ・ペレイラ=オルソン)と執事のアルフレッド(ダグラス・ホッジ)には会うことができたものの、トーマスには会えなかった。
失意のまま自宅へ戻ると、証券マンたちの殺人事件で調査に来た警察の訪問に驚いたペニーが脳卒中を起こし、救急車で運ばれるところだった。 アーサーは、刑事たちの詰問を躱し、ペニーに付き添うようになる。
そのとき、病室のテレビでマレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)の番組が流れ、アーサーがバーで行なったショーの映像が流された。 番組の中で「ジョーカー」と紹介されたアーサーは、自らの意図しないところで、一気に有名人となるのだが・・・
 
今年一番の力作であり、凄かったです。
監督はトッド・フィリップス、「ハングオーバー!!! 最後の反省会」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9765191.html を記事にしています。
主演はホアキン・フェニックス、「ドント・ウォーリー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15952531.html が近作ですね。
そしてロバート・デ・ニーロ、「ダーティ・グランパ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14671241.html が近作ですね。
 
物語は、貧困で、母の介護もある男の物語です。 コメディアンを目指しているんですが、彼には笑い出すと止まらない、それも笑いたくて笑っているわけではない精神的な病も抱えています。 大道芸人の仕事をしていますが、看板をとられ、壊される、どん底の生活をしているのがアーサーでした。
彼の生活はどんどん息詰まって行きますが、そんな時同じ階に住む未亡人のソフィーと知り合います。
何とか初ライブをこなし、しかし拳銃所持で仕事を失ってしまいます。 そんな時のその拳銃で、ピエロメイクの時に不良サラリーマンを3人撃ち殺してしまいます。 そこから彼に中に何かが芽生え始めます。
 
今作は、DCキャラの“ジョーカー”の描き方が秀逸です。 ジョーカーといえばバットマンですが、今作には登場しません。 幼い頃のブルースは出ていますが、もちろんヒーローではありません。
私はどうしてジャレッド・レトではないのかずっと疑問だったんですよね。「スーサイド・スクワッド」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14415761.html では限られた出番でしたが、結構イメージ通りだったので。 しかし今作ではこの1作という感じで、“DCエクステンデッド・ユニバース”とは違う世界観という独立作品という感じなので、ホアキン起用ということになったんでは?
しかしそれが作品の出来が上がり、ジョーカーに思い入れをしたくなる秀作に仕上がっています。 ラストのあの仕上がりも良く、余韻が残りますね。
もう1作くらいホアキン・ジョーカーがみたくなりますね。
 

f:id:anttiorb:20191021221100j:plain

大道芸人に徹するアーサー

 

 

f:id:anttiorb:20191021221109j:plain

しかし貰った銃のことで解雇されてしまう

 

f:id:anttiorb:20191021221115j:plain

しかし同じ階の未亡人のソフィーと知り合う

 

f:id:anttiorb:20191021221122j:plain

解雇された夜地下鉄で3人を銃殺してしまう

 

f:id:anttiorb:20191021221134j:plain

そして初めてのショー

 

f:id:anttiorb:20191021221141j:plain

それが彼の目に留まるが

 

f:id:anttiorb:20191021221148j:plain