anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ショック・ウェーブ

2006年作品、ジム・ウィノースキー監督、ジョー・ランドー リサ・ロシセロ ジョシュア・コックス マイケル・ドーン出演。

晴天の砂漠で殺戮ロボットから逃げる科学者と軍人が映し出される。
「わからない!なにかシステムの異常が起こったんだ!」成すすべなく次々と殺される。「どうすればあの機械を止められる?」「わからない!どうすることもできないわ!自分で指令を出して殺戮モードになってるの!私たちを殺すまで止まらないわ!」
「開発者がどうすることもできないとはご立派な兵器を作ってくれたもんだぜ。 なにか弱点はないのか?」「ないわ」
そしてその施設の人間はすべて殺されてしまう。
この殺戮ロボットを空輸しようとする米軍だったが、突如太平洋上で消えてしまうのだった・・・
 
これはテレビ作品のようですね。
監督はジム・ウィノースキー、作品を見るのは初めてですが、B級好きの私は今後は出会う作品があるかも。
主演はジョン・ランドー、「山猫は眠らない7 狙撃手の血統」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15973378.html が近作ですね。
 
物語は機械兵器の暴走のお話です。
無敵に近い殺戮兵器、そしてそれが行方不明となります。 もちろん米軍は捜査を開始しますが。
 
今作は、モンスターパニックものですが、それが殺戮兵器という設定になっています。ロボットというのは人間体を創造しますが、AI時代になってきている現在では、こういうのは普通にありえるかもしれませんね。
 

f:id:anttiorb:20191021222344j:plain

砂漠に現れたAI兵器

 

f:id:anttiorb:20191021222352j:plain

人間は瞬殺されてしまう

 

f:id:anttiorb:20191021222358j:plain

そして脱出も出来ず

 

f:id:anttiorb:20191021222405j:plain

ひたすら隠れ

 

f:id:anttiorb:20191021222411j:plain

銃などは効かない

 

f:id:anttiorb:20191021222417j:plain